シンガポールのGLP、米国内の倉庫取得で交渉-関係者

シンガポールの政府系ファンド(SWF)が 一部保有する物流施設運営・管理のグローバル・ロジスティック・プロ パティーズ(GLP)は米国進出の一環として、倉庫200余り(計約45 億ドル=約5500億円相当)の取得に向けて予備交渉を行っている。協議 に詳しい関係者1人が明らかにした。

売却手続きが非公開だとして関係者が匿名で語ったところでは、物 件を所有するインダストリアル・インカム・トラストとの交渉は合意に 達しない可能性がある。対象となっている倉庫の総面積は約5800万平方 フィート(約540万平方メートル)。

GLPは10日の発表資料で、「この件で、拘束力のある契約上の合 意には至っていない」と説明している。デンバーに本拠を置く非上場の 不動産投資信託会社インダストリアル・インカムに電話で取材を試みた が、返答はなかった。不動産業界紙リアル・エステート・アラートが GLPの動きについて9日遅くに報じていた。

原題:Global Logistic Said in Talks for $4.5 Billion of Warehouses (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE