PIMCO、米インフレ加速を警告-米政府債保有を圧縮済み

米パシフィック・インベストメント・マネジ メント(PIMCO)は、米国のインフレが加速することが見込まれる ため、インフレ連動債に対して強気だと指摘した。

米国コア戦略担当最高投資責任者(CIO)のスコット・マザー氏 はウェブサイトで、「インフレは政策の目標水準まで比較的早く戻り、 場合によっては数年にわたって目標水準を超える」との見方を踏まえ、 米インフレ連動債は割安だと考えていると表明した。

PIMCOは、6月の債券相場急落前の5月に旗艦ファンド 「ト ータル・リターン・ ファンド」で米政府関連債の組み入れ比率を前月 の3分の1近くに引き下げた。同社のウェブサイトによれば、米政府関 連債の組み入れ比率は8.5%と、4月の23.4%から低下した。

物価の伸びが勢いを増す兆候はこれまでのところ見られていない。 米労働省によると、4月の消費者物価指数(CPI)の総合指数は前年 同月比0.2%低下。米連邦準備制度はインフレ目標を2%に設定してい る。

原題:Pimco Warns Inflation to Pick Up After Cutting Government Stake(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE