サウジアラビア、5月も増産-30年ぶり大量生産

世界最大の原油輸出国、サウジアラビアは5 月に増産したことを石油輸出国機構(OPEC)に報告した。原油市場 では、市場シェア確保を優先するOPECの戦略が奏功しつつある兆候 が増えている。

OPECのデータによると、5月のサウジ産油量は日量1033万バレ ルで、前月から2万5000バレル増加し、約30年ぶりの高水準。OPEC 全体での5月の産油量は日量3100万バレルに近く、ほぼ3年ぶりの高水 準となった。

OPECは5日の総会で生産目標の維持を決定。供給を抑制するべ きなのは非加盟国だと主張した。先進国での原油在庫は過去5年間の同 じ時期の平均を1億バレル以上も上回っている。米エネルギー情報局 (EIA)のデータによれば、米国での生産は今年ピークを迎え、シェ ール層の原油生産は減速し始めている。

原題:Saudi Arabia Keeps Pumping at Three-Decade High as Shale Buckles(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE