新興市場株、13日ぶり反発-下落は行き過ぎとの観測で

10日の新興市場株は13営業日ぶりに反発 し、1990年以来の長期下落に歯止めをかけた。バリュエーション(株価 評価)を10週間ぶりの水準に押し下げた最近の下落は行き過ぎとの観測 が広がった。

ユニリーバ・インドネシアは4%高。9日に11カ月ぶり安値に落ち 込んだジャカルタ総合指数は反発。台湾の加権指数も上昇。インド株は 7営業日ぶりに上げに転じている。

韓国ウォンは対ドルで1%上昇し、マレーシア・リンギット は0.5%高。タイ・バーツは0.2%高。

MSCI新興市場指数は香港時間午後1時51分(日本時間同2時51 分)現在、前日比0.7%高の977.51。前日までの12営業日で6.4%下落し ていた。

原題:Emerging Stocks Halt 12-Day Losing Streak as Won Strengthens(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE