豪州政府:エルニーニョ現象で小麦生産高見通し引き下げ

オーストラリア政府は小麦生産高見通しを引 き下げた。2010年以来となるエルニーニョ現象の発生で収穫高が減少す る恐れがあり、同現象の影響により世界各地で食糧生産が脅かされる兆 しが高まっている。日本の気象庁は10日、エルニーニョ現象が強まると の見通しを示した。

豪農業資源経済科学局(ABARES)が同日発表した報告書によ れば、同国の2015-16穀物年度の小麦生産高は2360万トンと、3月時点 の予想である2440万トンを下回る見込み。14-15年度の生産高は2370万 トン、13-14年度は2530万トンだった。世界5位の小麦輸出国である豪 州での収穫は10月ごろ始まる。

国連食糧農業機関(FAO)は、エルニーニョ現象の影響により世 界の小麦生産高が1.4%落ち込む可能性があると予想している。

原題:El Nino Hurting Australian Wheat as Japan Sees Stronger Pattern(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE