ブラジル株:ボベスパ続伸、ヴァーレの中国需要見通しを好感

10日のブラジル株式市場では、指標のボベス パ指数が続伸。米州の主要株価指数で最も値上がりが大きかった。中国 の鉄鉱石需要が持ち直すとの見通しをヴァーレが示したことが好感され た。

ヴァーレは4.8%高と5営業日ぶりに上昇。鉄鉱石生産で世界最大 手である同社のムリロ・フェレイラ最高経営責任者(CEO)は中国が 輸入を増やし、生産を減らすため、鉄鉱石の需給は今年下期に引き締ま る見通しだと述べた。石油化学メーカーのブラスケムは2.7%高。ブラ ジル石油公社(ペトロブラス)も原油価格の上昇に伴って上げた。

ボベスパ指数は前日比2%高の53876.45で引けた。

フィデス・アセット・マネジメントのパートナーで、2億5000万レ アル(約98億4000万円)の運用に携わるオタビオ・ビエイラ氏は電話取 材に対し、「中国は商品価格の持ち直しで主な要素になってきている」 と指摘。「鉄鉱石価格は上向きつつあり、安定化してきたように見え る。これはヴァーレにかなりの支援材料だ。資源価格の動向は引き続き ボベスパ指数を動かす要因になる」と話した。

原題:Vale’s Outlook for China Sends Ibovespa to Best Gain in Americas(抜粋)

--取材協力:Juan Pablo Spinetto.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE