ロンドンの豪邸、価格はシャンパン並みの泡立ち方-売れない

英総選挙後に予想されていたロンドン高級住 宅の販売回復は実現していない。価格が高過ぎて買い手が受け入れられ ない状態だ。

仲介業者ブラック・ブリック・プロパティ・ソリューションズのマ ネジングパートナー、カミラ・デル氏は「一部の販売業者の頭の中はシ ャンパンでいっぱいになってしまったのだろう。売り出し価格を下げな いばかりか、場合によっては上げることすらある」と話した。

ロンドンの不動産業者は5月の総選挙での保守党勝利を大歓迎し た。「豪邸税」など労働党が提案していた政策が実施される公算が事実 上消えたからだ。独立系の買い手側エージェント、ナタリー・ハースト 氏は「大金」が高級住宅市場に流れ込むと予想していた。

ところが、そうはならなかった。何年もの増税で既に意欲をなくし ている買い手は値段の高さにますます尻込みする。仲介業者のナイト・ フランクによれば、ロンドンの最高級住宅街での価格は5月に前年同月 比で2.3%値上がりした。

ハノーバー・プライベート・オフィスの創業者でマネジングディレ クターのアレックス・ニューオール氏は「1500万ポンド(約28億6000万 円)で売りたがっていた客がいたが、値段を1800万ポンドに引き上げ た」と話す。「選挙が終わったからといって突然300万ポンド値上がり するはずもないのに」と同氏はあきれている。

原題:London Mansion Sales Stall as Sellers Ask ‘Champagne’ Prices (2)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE