ドイツ債利回り1%に押し上げた債券売り、社債市場にも及ぶ

10日に10年物ドイツ国債の利回りを1%に押 し上げた債券売りが、社債市場にも波及している。ユーロ圏の景気回復 の兆しで債券の魅力が薄れた。

バンク・オブ・アメリカ(BOA)メリルリンチの指数によると、 ユーロ圏の投資適格級社債の利回りは昨年8月以来の水準に上昇し、ジ ャンク債利回りは1月以来の高水準。投資適格債の6月のリターンはマ イナス1.8%となり、2011年11月以来の最悪となりそうだ。

欧州国債市場では4月以降、4000億ユーロ(約55兆4700億円)以上 が失われた。ドイツ10年債利回りはこの間に過去最低の0.049%から上 昇し、1%を超えた。

トウェンティフォー・アセット・マネジメント(ロンドン)のマー ク・ホルマン最高経営責任者(CEO)は、国債の売りが社債相場下落 の引き金になったと指摘。「経済状況は大きく改善している」と述べ た。

BOAメリルのデータによれば、投資適格級社債のスプレッド(国 債に対する上乗せ利回り)は1ポイントと、1月以来で最大。ジャンク 債は3.88ポイントで1カ月ぶりの幅に拡大した。

原題:Rout Extends to Corporate Bonds as Borrowing Costs Increase (1)(抜粋)

--取材協力:David Goodman、Sally Bakewell.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE