10日のインド株式相場は7営業日ぶりに反 発。テクニカル分析で反発の兆候が高まる中、工業株とエネルギー銘柄 の上げが目立った。指標のS&P・BSEセンセックスは前日、昨年10 月以来の安値を付けていた。

エンジニアリング大手のバーラト重電機とラーセン・アンド・トゥ ブロが大きく上げた。世界最大の製油所を所有するリライアンス・イン ダストリーズは4日ぶりに上昇したほか、ケアン・インディアは6年ぶ りの低水準から値を戻した。

センセックスは前日比1.4%高の26840.50で終了。これは約1カ月 ぶりの大幅上昇。相対力指数(RSI、7日間ベース)は前日まで5日 間にわたり、買いシグナルと見なされる水準の30を下回っていた。

原題:Sensex Ends Six-Day Slide as Bharat Heavy Leads India Rebound(抜粋)

--取材協力:Manish Modi、Rajhkumar K Shaaw.

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE