アイスランド中銀:2年半ぶりに利上げ-追加引き締めを示唆

アイスランド中央銀行は10日、政策金利を2 年半ぶりに引き上げた。約7年続いた資本規制を解除する法案を同国政 府が週初に提出しており、景気回復は勢いを増す方向にある。

同中銀は政策金利である7日物担保付貸出金利を5.75%と、これま での5.25%から引き上げたとの声明をウェブサイトに掲載した。

この中で中銀は景気回復に伴う労働者の賃上げ要求やインフレ期待 の高まりなどに触れ、「インフレ率はまだ目標を下回っているものの、 現時点でインフレ見通しの悪化に対応せざるを得ない」と説明。「中期 的な物価安定を確実にするため、8月の大幅利上げと、その後の追加利 上げが必要となりそうだ」と続けた。

今回の利上げは2012年11月以来。アイスランド政府は8日、資本規 制解除の歴史的な法案を提出した。同国では08年に巨額債務を抱えた3 大銀行が政府管理下に置かれ、資本規制が導入された。

原題:Iceland Raises Rates After Unveiling Law to Ease Controls (2)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE