米ミレニアル世代は不運か-ジェネレーションXもっとつらい

米国の「ジェネレーションX」と呼ばれる世 代には不満なことがたくさんある。まず、誰も自分たちを話題にしな い。話題になるのはいつもミレニアル世代だ。1965-80年に生まれたジ ェネレーションXが憂鬱(ゆううつ)になる理由は他にもある。前のベ ビーブーム世代や後のミレニアル世代よりも財政的に苦しいという点 だ。

確かに、多くのベビーブーム世代は退職に備えた貯蓄が十分ではな い。ミレニアル世代は多額の学生ローンを抱えている。しかし、ジェネ レーションXは、ここ数年ほぼ横ばい状態の賃金で家族を養いながら依 然として多額の学生ローンを返済している。多くの調査結果によると、 この世代は他の世代より負債が多く、無事に退職できるかどうかについ て他世代より悲観的な見方をしている。

米ノースウェスタン・ミューチュアル・ライフ・インシュアランス が米国人5474人を対象に実施した最近の調査結果によれば、約40%が 「経済的安定を全く感じていない」、38%が貯蓄より債務の方が多いと 答えており、この割合は他の世代を上回っている。

世代間の相違について企業に助言するトレンドコンサルタントのフ ェイス・ポップコーン氏は「ジェネレーションXは忘れられた世代だ」 と指摘。「この世代は現在と将来のいずれについても懸念している。自 分たちがロボットに取って代わられるかもしれないということをミレニ アル世代以上に理解しており、多くが子供を持ったり住宅ローンを利用 したりすることはできないと考えている」と述べた。

同氏は「ベビーブーム世代とミレニアル世代の10人のうち6人は自 分たちの世代は特別だと考えているが、ジェネレーションXでは3人に 1人しかそう思っていない。ジェネレーションXになりたがる人はいな いだろう」との見方を示した。

米国勢調査局の予測によれば、ベビーブーム世代の人口は今年7490 万人、ミレニアル世代が7530万人であるのに対し、ジェネレーションX は約6570万人と比較的少ない。

原題:Millennials Think They Have It Bad? Generation X Has It Worse(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE