日銀総裁:「ここからさらに円安はありそうにない」-実効レートで

更新日時

日本銀行の黒田東彦総裁は10日、外国為替相 場について、実質実効レートでは「ここからさらに円安はありそうにな い」との認識を示した。これを受けて外国為替市場では円買いが膨ら み、1ドル=122円台まで円高が進んだ。

午後の衆院財務金融委員会で黒田総裁は「実質実効為替レートでみ ると円安になっているのは事実」と述べた。相場水準はリーマンショッ ク前に戻ったと述べたが、「リーマンショック前の水準が正しいという 根拠はない」とも語った。相場は「ファンダメンタルズ反映したレンジ で推移するのが望ましい」とも話した。

円相場は第2次安倍内閣の発足前後から下落基調に入り、5日には 1ドル=125円台後半と13年ぶりの円安を付けた。オバマ米大統領が強 いドルは問題とG7首脳らに発言したと仏当局者が述べたと8日に報じ られ、一時円が買われた。オバマ氏は当局者の発言を否定している。

三菱UFJモルガン・スタンレー証券の植野大作チーフ為替ストラ テジストは、黒田総裁発言について「ショックは大きいが、影響は一過 性」との見方を示した。日銀が円安の背景である大規模緩和を改めない 限り、円が高くなり続けることはあり得ず、米国で利上げが始動すれば 金利差が開き、「それに日本が追随しないのであれば、ドル高になるの で円安は進む」としている。

バンク・オブ・アメリカ(BOA)メリルリンチの山田修輔チーフ FXストラテジストは、黒田発言がドル・円に冷や水となったとした。 その上でこれまで黒田総裁が実質実効レートで円のことを言ったことは ないように記憶しているとして「問題は午前中の発言とは異なることを 言っており、どんな質疑でこの発言が出たのか、また、その真意につい ては見極めが必要だろう」と語った。

1ドル=122円台

黒田総裁の為替相場についての発言を受けて、ドル円相場は急速に 円高が進んでいる。1ドル=124円半ばで推移していた相場は1ドル =122円台まで円が買われた。同時に日本株も急速に上げ幅を縮小、前 日比で100円以上値上がりしていた日経平均株価は下落に転じた。終値 は前日比49円94銭(0.25%)安の2万46円36銭と4日連続安になった。

国際協力銀行(JBIC)の渡辺博史総裁(元財務官)は、為替相 場について「米国の金融政策の変更を織り込んでおり、130円台までは いかない」とブルームバーグとのインタビューで9日述べていた。1ド ル=130-135円までの円安は日本経済に悪影響を与えるとしている。

--取材協力:小宮弘子、Daisuke Sakai、下土井京子、岩本正明.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE