ドイツ銀とHSBCのリストラ、改革の苦しみ示唆か

英銀HSBCホールディングスとドイツ銀行 が、経営改革を過去2日間に相次いで発表したことは、金融危機後の市 場環境になかなか適応できない欧州の大手銀行の苦境を浮き彫りにして いる。

トレーディング収入の減少や規制強化に直面する大手金融機関は、 株主リターンの押し上げを目指して苦しい努力を続けており、その結果 として一段と大幅な経費削減に集中的に取り組まざるを得ない。

HSBCは9日、スチュアート・ガリバー最高経営責任者 (CEO)が主導する約50億ドル(約6220億円)のコスト圧縮策の一環 として、最大2万5000人を2017年までに削減すると発表。ドイツ銀はア ンシュー・ジェイン、ユルゲン・フィッチェン共同CEOに対する株主 の不安が高まる中で、スイスのUBSグループの元幹部であるジョン・ クライアン氏を新たなCEOに起用する予想外の人事を7日公表した。

ミント・パートナーズのストラテジスト、ビル・ブレイン氏(ロン ドン在勤)はブルームバーグテレビジョンとのインタビューで、「地道 に銀行として存続するための自己改革が銀行に求められている。そのた めには組織を運営するのにふさわしいバンカーが必要であり、われわれ が過去に見てきたような投資銀行帝国を築き上げた有能なバンカーとは 異なる人材が経営者として起用されている理由がそこにある」と指摘し た。

原題:HSBC, Deutsche Bank Shakeups Highlight Europe’s Fight to Adapt(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE