中国株:上海総合、続落-本土株のMSCI指数採用見送り

更新日時

10日の中国株式市場では上海総合指数が続 落。米MSCIが同社の指数への中国本土株の組み入れを見送ったこと が響いた。

中国南車(CSR)と中国北車(チャイナCNR)の合併で誕生し た鉄道車両メーカー、中国中車(601766 CH)は続落し、9%を超える 値下がりとなった。中国が5月の工業生産を11日に発表するのを控え て、産業株が安い。華能国際電力(600011 CH)は2.7%安。テクノロジ ー株と消費者関連銘柄は上昇した。

上海総合指数は前日比0.2%安の5106.04で終了。CSI300指数 も0.2%安。MSCIは残る課題を克服するため中国の証券当局と協力 するとしている。

HSBCホールディングスの中国担当株式ストラテジスト、謝鵬氏 (香港在勤)はリポートで、MSCIの決定により人民元建てA株の 「センチメントが打撃を受けると考えている」と説明。「一部の利益確 定売りにつながる可能性がある」との見方を示した。

香港株も下落。中東呼吸器症候群(MERS)感染が広がっている 韓国から香港に戻った女性1人が発熱し、検査を受けていると当局者が 明らかにした。ハンセン中国企業株(H株)指数は前日比1.8%下落 し、4月8日以来の安値で終了。ハンセン指数は1.1%安で引けた。

原題:China Stocks Decline After MSCI Defers Adding Stocks to Indexes(抜粋)

--取材協力:Zhang Shidong、Kana Nishizawa.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE