中国株の時価総額、1年で6.5兆ドル増加-世界で最大の伸び

中国株式市場の時価総額は、たった1年で6 兆5000億ドル(約809兆円)も増加している。この増加分は米アップル の時価総額の8倍余りに相当し、米100ドル札でつなげると地球を250周 できる程の金額だ。なぜ株高が一部で行き過ぎとみられているかが端的 に示されている。

中国の株式ブームが米国のインターネットバブルの絶頂期を超える 中、過熱の兆しはあらゆるところに表れている。中国本土の投機家が一 段の株高に賭けるため過去最高の3480億ドルを借り入れ、投資初心者が 過去最速のペースで株取引を行い、株価収益率(PER)は5年ぶりの 高水準に上昇した。一方、中国の経済成長率は1990年以来の低水準にと どまっている。

ラボバンク・インターナショナルの金融市場調査責任者、マイケ ル・エブリー氏(香港在勤)は「見事にバブル状態にある」と指摘。 「もちろん短期的には利益が見込めるが、良い終わり方をしないのでは と懸念している」と述べた。

中国株は9日、次の大きな試金石に直面する。株式指数を提供する 米MSCIは同日、中国本土株をMSCI新興市場指数に組み入れるか どうか決定する。組み入れが決定されれば、過去25年間の大半にわたり 海外の資金運用担当者の手に届かなかった本土株が世界的に受け入れら れることを示唆する。組み入れが見送られれば、上海総合指数を8日に 7年ぶりの高値に押し上げた強気派にとって打撃となる。

この1年間、中国株の時価総額はドル換算で、世界の株式市場で最 大の伸びとなっている。

原題:The $6.5 Trillion China Rally That’s Making Stock-Market History(抜粋)

--取材協力:Sarah McDonald.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE