新興市場株:MSCI指数、12日続落-1990年以来の長期下落

9日の新興市場株は12営業日続落。1990年以 来の長期下落局面となった。米国が利上げすれば高リスク資産への需要 が抑制されるとの懸念が強まった。

インドネシア株の指標であるジャカルタ総合指数は4月7日に付け た過去最高値から10%余り下落し、調整局面入りに向かっている。フィ リピン株は5カ月ぶりの安値を付け、台湾株の指標、加権指数は1.9% 安で引けた。中国本土株がMSCIの指数に組み入れられるかどうかの 決定を控え、上海総合指数は前日の約7年ぶり高値から反落した。

MSCI新興市場指数はロンドン時間午前9時28分(日本時間午後 5時28分)現在、前日比0.7%安の970.45。同指数が最後に上昇して引 けたのは5月22日。同日からの下落率は6.5%に達した。

原題:Emerging Stocks Extend Longest Stretch of Losses in 24 Years(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE