米ネットフリックス株主、授権株式数の引き上げ承認

動画配信サービスの米ネットフリックスの株 主は9日、定款に基づいて発行可能な最大株式数である授権株式数を引 き上げることを承認し、株式分割に道を開いた。

リード・ヘイスティングス最高経営責任者(CEO)は4月、1株 当たりの価格を下げることで買いやすくなるとし、取締役会に株式分割 を勧告する計画を明らかにしていた。ネットフリックスは当時の届け出 で、合併や資金調達の目的で新株を発行する計画はないと述べている。

同社は授権株式数を現在の1億7000万株から約50億株に増やすこと を認めるよう株主に求めていた。これには優先株が含まれる。

カリフォルニア州ロスガトスで開催された年次株主総会では、3年 連続で株式を3%以上保有する株主に取締役会メンバーの最大25%を推 薦する能力を与える提案も承認された。ニューヨーク市職員退職年金基 金などが提案したもので、ネットフリックスは反対していた。

原題:Netflix Investors Approve Share Increase Tied to Planned Split(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE