ブラジル株:ボベスパほぼ変わらず、銀行株安い

9日のブラジル株式市場では、指標のボベス パ指数がほぼ変わらずで終了。640億ドル(約7兆9600億円)規模の投 資を呼び込む政府計画ではブラジル経済を再生できないとの観測が広が り、銀行株の下げが大きくなった。

イタウ・ウニバンコ・ホールディングは4営業日続落。4日間の下 げは5.9%に達した。ブラデスコ銀行は前日比1.1%安と、指数へのマイ ナス寄与が最も大きかった。

ボベスパ指数はほぼ変わらずの52815.99で引けた。構成する66銘柄 のうち38銘柄が下落した。政府計画を材料に朝方は高かったが、楽観ム ードは持続しなかった。

証券会社Hコムコルのトレーダー、アリ・サントス氏は電話取材に 対し、「投資資金はすぐには集まらないだろう」との見方を示した上 で、「いつから始めるのか、投資資金がいつ流入してくるのかをわれわ れは知る必要がある。こうしたことには時間がかかる」と述べた。

原題:Bank Shares Lead Losses in Ibovespa as Economic Optimism Fizzles(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE