6月9日の海外株式・債券・為替・商品市場

更新日時

欧米市場の株式、債券、為替、商品相場は次 の通り。

◎NY外為:ドル相場の短期ボラティリティが上昇-利上げ観測の中

投資家は外国為替市場での相場の大幅な変動に順応する必要があ る。先進10カ国(G10)通貨のうち9通貨に対するドルの短期間の変動 を示す指標は、長期間の指標を上回っており、投資家がドルを売買する ための明確な材料を待ちつつ、より大幅な値動きに備えようとしている ことを示唆している。米当局による初回利上げの時期をめぐり憶測が広 がる中、ドル相場は変動が続いている。

ウェルズ・ファーゴのストラテジスト、エリック・ビロリア氏は 「政策見通しに関してはなお相違があるが、為替市場での動きはそれ以 上にむらがある、もしくは変動が大きいといえる」と指摘。「短期的に 不確実性が強まり、政策が正常化し始めれば中長期的には不確実性が和 らぐというのは筋が通っている」と続けた。

ニューヨーク時間午後5時現在、ユーロ・ドルの3カ月物のボラテ ィリティは11.8%に上昇。1年物のボラティリティを上回り、差はここ 1カ月余りで最大となった。

ドルはユーロに対し前日比ほぼ変わらずの1ユーロ=1.1283ドル。 対円では0.1%安の1ドル=124円34銭。5日には125円86銭と、2002年 6月以来のドル高・円安水準となった。

ドルの動き

ドルは5日に1.1%上昇。予想を上回る雇用統計に反応した。ただ 8日にはフランスの当局者が記者団に対し、オバマ大統領が強いドルは 問題だと発言したと述べ、これに反応してドルは下げた。オバマ大統領 はこの当局者発言を否定したものの、ドルの下落は続いた。

RBCキャピタル・マーケッツのシニア為替ストラテジスト、エル サ・リグノス氏は「市場は次の大きな動き、もしくは大きなトレンドを 待っている」と指摘。金融当局者が6月の会合で「データ依存の姿勢と 短期的なデータとの関係性を強調し過ぎる場合は、それこそボラティリ ティを高める要因になる」と述べた。

金融当局は利上げ開始の時期を見極めるため、最新の経済指標を細 かく分析している。

スタンダードチャータードの為替ストラテジスト、アイメア・デー リー氏(ロンドン在勤)は「今週発表される第一級のファンダメンタル ズデータや中央銀行の動向を待つしかない。こうした材料が出れば市場 は方向性がより定まるし、確信も強まる」と指摘した。

原題:Volatile Trading Rules Dollar as Fed Weighs Rate-Increase Timing(抜粋)

◎米国株:ほぼ変わらず、銀行株が上昇-航空株は下げが続く

9日の米株式相場はほぼ変わらず。主要株価指数は2カ月ぶりの安 値を付ける場面もあった。利回り上昇を背景に銀行株が上げた一方、航 空株が運輸銘柄全般の重しとなった。ハイテク株も安い。

バンク・オブ・アメリカとウェルズ・ファーゴが上昇。プロクタ ー・アンド・ギャンブル(P&G)など生活必需品株も高い。一方、米 国内の旅行需要が弱まっているとの懸念が背景にサウスウェスト航空は 下落した。

S&P500種株価指数は前日比0.1%未満高い2080.15。5月21日に 付けた終値ベースの最高値からは2.4%下げている。ダウ工業株30種平 均は2.51ドル下げて17764.04ドルで終えた。ナスダック総合指数 は0.2%安。

USバンク・ウェルス・マネジメント(ミネアポリス)のチーフ株 式ストラテジスト、テリー・サンドベン氏は「株式市場は地合いを維持 するのに苦慮している。夏の沈滞期や第2四半期決算、利上げを控え、 様子見モードに移りつつあるようだ」と指摘した。

今週発表される消費者マインド指数と小売売上高は、ともに景気回 復を示唆すると予想されている。

ギリシャ

ギリシャ債務協議の行方にも注目が集まっている。救済プログラム の終了まであと3週間となる中、ギリシャは財政目標に関する最新提案 を示した。ギリシャは先週、債権団が示した案を拒否し、債権団もギリ シャの提出した案を一蹴した。

株価ボラティリティの指数は徐々に上昇しており、8日には終値ベ ースで約2カ月ぶりの高水準を付けた。シカゴ・オプション取引所 (CBOE)のボラティリティ指数(VIX)は5月に付けた年初来の 低水準から8日までに26%上昇。過去12カ月の平均を上回っている。9 日は5.4%低下して14.47。

ハーグリーブズ・ランズダウン(ロンドン)の株式部門責任者、リ チャード・ハンター氏は「材料を待っている状態だが、どこを見ればい いのか分からない状況だ。皆が利上げ時期を予想しようとしているが、 強弱まちまちの経済指標でなおさらはっきりしない。最近の売り浴びせ を利用して押し目買いを入れることはできるが、投資すべきでない理由 も多々ある」と語った。

セクター別動向

S&P500種の10セクターのうち生活必需品や金融、素材など5セ クターが上昇した。一方、ハイテクや通信サービスの下げが目立った。

P&Gは1.5%上昇し、3月以来の大幅高。

キーコープなどが上げ、KBW銀行株指数は0.9%上昇。

原題:U.S. Stocks Close Little Changed as Banks Gain, Airlines Slide(抜粋)

◎米国債:軟調、3年債入札では4年ぶりに高い落札利回り

9日の米国債市場は軟調。今週は金利上昇観測が広がるなかで入札 が行われ、米国債への需要が試される。

この日の3年債入札(発行額240億ドル)では、最高落札利回りが 4年ぶりの高い水準に押し上げられた。これを含めて今週は3回、合 計580億ドル相当の中・長期債入札が行われる。市場では早ければ9月 にも金融当局が利上げに踏み切るとの観測が広がり、価格に織り込まれ ている。

野村ホールディングスのストラテジスト、スタンリー・サン氏は 「売り浴びせはまだ終わっておらず、利回りにはまだ上昇余地があると 考えられている」と指摘。「最近のボラティリティと弱気なモメンタム で、様子見を続ける投資家もいる」と続けた。

ブルームバーグがまとめた米財務省のデータによると、年初からこ れまでの中・長期債入札(総額9130億ドル)では、応札倍率が平均2.85 倍と、昨年全体(総額2兆2000億ドル)の2.98倍を下回っている。過去 最高は2012年に記録した。

ブルームバーグ・ボンド・トレーダーによれば、ニューヨーク時間 午後5時現在、10年債利回りは前日比6ベーシスポイント(bp、1 b p=0.01%)上昇の2.44%。一時は昨年9月30日以来の高水準とな る2.45%を付けた。同年債価格(表面利率2.125%、償還期限2025年5 月)は15/32下げて97 1/4。

10年債利回り、一段上昇も

キャンター・フィッツジェラルドの金利ストラテジスト、ジャステ ィン・レデラー氏(ニューヨーク在勤)は10年債利回りについて、「一 段と上昇するのは間違いないだろう。こんなに早く2.40%に戻すと思っ ていた投資家は多くないと思う」と述べた。

この日の3年債入札では最高落札利回りが1.125%と、2011年4月 以来の高水準。応札倍率は3.33倍。5月の入札では応札倍率3.34%、最 高落札利回り1%だった。

CRTキャピタル・グループの政府債ストラテジスト、イアン・リ ンジェン氏は「入札は全体的な需要を推し量る目安だと受け止めてい る」と述べた。

3年債入札では外国の中央銀行を含む間接入札者の落札比率 が50.7%。過去10回の平均値である43.3%を上回った。プライマリーデ ィーラー以外の直接入札者の落札比率は9.7%。過去10回の平均 は13.5%。

利回り上昇の背景には、ドイツ国債への売り浴びせ再開と社債発行 の活発化もあった。フェデレーテッド・インベスターズ(ピッツバー グ)のマルチセクター戦略責任者、ドナルド・エレンバーガー氏は「社 債と政府債の供給見通しが部分的に作用したのは確かだ」と指摘。「ド イツで何が起こるかも意識された」と続けた。

米財務省は10日に10年債(発行額210億ドル)、11日に30年債 (同130億ドル)の入札を予定している。

原題:Appetite for Treasuries Wanes as Traders Push Up Auction Yield(抜粋)

◎NY金:続伸、ギリシャのデフォルト回避難航との見方で逃避需要

9日のニューヨーク金先物相場は続伸。デフォルト(債務不履行) 回避を目指すギリシャの取り組みが難航していることへの懸念が深ま り、逃避資産としての金に買いが入った。

RBCキャピタル・マーケッツの貴金属ストラテジスト、ジョー ジ・ジロ氏(ニューヨーク在勤)は電話インタビューで、「投資家は不 安な気持ちから金を買っている。金は流動性が高く持ち運びが容易で、 どの通貨にも換金が可能だ」と指摘。「ギリシャがデフォルトに陥れ ば、同国政府は資本統制に踏み切る可能性がある。これはギリシャに投 じた資金を動かせなくなることを意味する」と述べた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)COMEX部門の金先物8 月限は前日比0.3%高の1オンス=1177.60ドルで終了。

銀先物7月限は0.1%未満下げて15.957ドル。プラチナ先物7月限 は0.7%上げて1108.50ドル。パラジウム先物9月限は0.5%下落 の739.90ドル。

原題:Gold Climbs for Second Day as Greece Concerns Fuel Haven Demand(抜粋)

◎NY原油:急反発、60ドル台-米シェール生産の減少見通しで

9日のニューヨーク原油市場ではウェスト・テキサス・インターミ ディエート(WTI)先物が急反発。米シェール層の原油生産の落ち込 みは7月まで続くとの米エネルギー情報局(EIA)のリポートが影響 した。市場シェア争奪戦で強硬な姿勢を崩さない石油輸出国機構 (OPEC)に対し、米国のシェール業者が降伏しつつある兆候と受け 止められた。

トラディション・エナジー(コネティカット州スタンフォード)の シニアアナリスト、ジーン・マクギリアン氏は電話取材に対し、「北米 の生産が減少するとの期待で、原油価格は下支えられている」と指摘。 「昨日のEIA生産データではシェールオイルの小幅減少が示された。 明日発表の在庫統計では先週も減少したことが明らかになると見込まれ ており、これが相場をやや押し上げている」と述べた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のWTI先物7月限は前日 比2.00ドル(3.44%)高い1バレル=60.14ドルで終了。年初から は13%の値上がり。

原題:Oil Rises as Shale Drillers Seen Succumbing to OPEC Onslaught(抜粋)

◎欧州株:ストックス600指数、6日続落-調整局面のドイツ株が重し

9日の欧州株式市場ではドイツ株が大きく下げ、指標のストックス 欧州600指数は6営業日続落となった。

同指数は前日比0.4%安の383.87で終了。一時は1.4%下げた。ドイ ツ株の指標であるDAX指数は0.6%安。前日にいわゆる調整局面に入 り、4月に付けた高値からの下落率が11%に達している。

数カ月に及ぶ協議後もギリシャは救済資金獲得のための合意に至れ ず、これがここ数日の下げ要因となっている。チプラス政権は先週、債 権者側が示した条件をあらためて拒否したほか、国際通貨基金 (IMF)への返済を先延ばしし、交渉戦術へのいら立ちが債権者らの 間で募っている。ギリシャはこの日、財政目標をめぐり新たな案を提出 した。

ミラボー・セキュリティーズ(ジュネーブ)のバイスプレジデン ト、ジョン・プラサード氏は「ギリシャなどマクロの状況への注目が強 まっている」と発言。「ストレスがかかった市場ではあるが、やや一息 つける局面に入る可能性はある。リスクを取って欧州株に資金を投じて 報われる確率は今なら高くなっている」と続けた。

ストックス600指数はこの日、2月以来の安値を付け、6営業日の 下落率は4.2%に達した。テクニカル分析の相対力指数(RSI)は30 付近で、売られ過ぎが示唆される。この水準に前回達したのは昨年12月 で、その後の今年1-3月の相場は第1四半期としては1998年以来の大 幅高となった。

ギリシャのアテネ総合指数は0.6%上昇し、前日の4月24日以来の 安値から反発。スイスのSMI指数は0.9%安と、西欧の主要株価指数 の中で下げが目立った。

個別銘柄では、ドイツテレコムが2.7%下落。ベルギーの小売り大 手デレーズ・グループは1.7%、同業でオランダのロイヤル・アホルド は2.2%それぞれ下げた。銀行株ではドイツ銀行が2.5%売られ、英 HSBCホールディングスは0.9%安となった。

原題:Europe Stocks Extend Longest Losing Streak of ’15 Amid DAX Rout(抜粋)

◎欧州債:ドイツ債下落、30年債利回り大幅上昇-景気改善と供給懸念

9日の欧州債市場ではドイツ国債が下落し、30年債利回りは約1週 間ぶりの大幅上昇となった。景気回復が勢いを増す中で、新たに発行さ れる国債の消化をめぐる懸念が強まったことが背景にある。

欧州債の指標とされるドイツ10年債の利回りも上昇。同国は2046年 償還のインフレ連動債を25億ユーロ発行した。米財務省は240億ドル規 模の3年債を手始めに、計580億ドル相当の入札を今後2日にわたり3 回実施する。この日午前に発表されたユーロ圏の1-3月(第1四半 期)域内総生産(GDP)改定値は昨年10-12月(第4四半期)と同程 度の伸びを示した。

SEB(フランクフルト)のシニア金利ストラテジスト、マリウ ス・ダハイム氏は「とりわけ米国と欧州の経済データの改善を考慮する 必要がある」と発言。「米国の入札も材料となり得る」と付け加えた。

ロンドン時間午後4時40分現在、ドイツ30年債利回りは前日比9ベ ーシスポイント(bp、1bp=0.01%)上昇の1.66%。これは3日以 来の大きな上昇。同国債(表面利率2.5%、2046年8月償還)価格はこ の日、2.48下げ120.40。

独10年債利回りは8bp上昇の0.96%。同年限のイタリア国債利回 りは3bp上げ2.29%、スぺイン国債利回りは2bp上昇し2.27%とな った。

原題:German Bonds Extend Decline as Nation Sells 30-Year Securities(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE