米国株:ほぼ変わらず、銀行株が上昇-航空株は下げが続く

更新日時

9日の米株式相場はほぼ変わらず。主要株価 指数は2カ月ぶりの安値を付ける場面もあった。利回り上昇を背景に銀 行株が上げた一方、航空株が運輸銘柄全般の重しとなった。ハイテク株 も安い。

バンク・オブ・アメリカとウェルズ・ファーゴが上昇。プロクタ ー・アンド・ギャンブル(P&G)など生活必需品株も高い。一方、米 国内の旅行需要が弱まっているとの懸念が背景にサウスウェスト航空は 下落した。

S&P500種株価指数は前日比0.1%未満高い2080.15。5月21日に 付けた終値ベースの最高値からは2.4%下げている。ダウ工業株30種平 均は2.51ドル下げて17764.04ドルで終えた。ナスダック総合指数 は0.2%安。

USバンク・ウェルス・マネジメント(ミネアポリス)のチーフ株 式ストラテジスト、テリー・サンドベン氏は「株式市場は地合いを維持 するのに苦慮している。夏の沈滞期や第2四半期決算、利上げを控え、 様子見モードに移りつつあるようだ」と指摘した。

今週発表される消費者マインド指数と小売売上高は、ともに景気回 復を示唆すると予想されている。

ギリシャ

ギリシャ債務協議の行方にも注目が集まっている。救済プログラム の終了まであと3週間となる中、ギリシャは財政目標に関する最新提案 を示した。ギリシャは先週、債権団が示した案を拒否し、債権団もギリ シャの提出した案を一蹴した。

株価ボラティリティの指数は徐々に上昇しており、8日には終値ベ ースで約2カ月ぶりの高水準を付けた。シカゴ・オプション取引所 (CBOE)のボラティリティ指数(VIX)は5月に付けた年初来の 低水準から8日までに26%上昇。過去12カ月の平均を上回っている。9 日は5.4%低下して14.47。

ハーグリーブズ・ランズダウン(ロンドン)の株式部門責任者、リ チャード・ハンター氏は「材料を待っている状態だが、どこを見ればい いのか分からない状況だ。皆が利上げ時期を予想しようとしているが、 強弱まちまちの経済指標でなおさらはっきりしない。最近の売り浴びせ を利用して押し目買いを入れることはできるが、投資すべきでない理由 も多々ある」と語った。

セクター別動向

S&P500種の10セクターのうち生活必需品や金融、素材など5セ クターが上昇した。一方、ハイテクや通信サービスの下げが目立った。

P&Gは1.5%上昇し、3月以来の大幅高。

キーコープなどが上げ、KBW銀行株指数は0.9%上昇。

原題:U.S. Stocks Close Little Changed as Banks Gain, Airlines Slide(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE