PIMCOボールズ氏:9月利上げ予想-緩慢なドル高は容認

米パシフィック・インベストメント・マネジ メント(PIMCO)は、緩やかなドル高が金融当局の年内利上げを妨 げる可能性は低いとみている。

PIMCOの世界債券担当最高投資責任者 (CIO)のアンドル ー・ボールズ氏は、経済成長が加速する中、金融当局が2006年以降初め てとなる利上げを9月に実施すると予想していると述べた。

ボールズ氏はロンドンでのインタビューで、「ファンダメンタルズ と整合する限りにおいて、ドルの緩やかな上昇を金融当局が過度に懸念 する理由は見当たらない」とし、「貿易加重ベースでのドルの長期的な バリュエーションは、完全におかしいわけではない」と続けた。

政策金利については、2-2.5%に達するまで緩やかに引き上げら れるとのPIMCOの予想を示した上で、市場は利上げのリスクを十分 織り込んでいないと指摘。PIMCOは債券市場でのデュレーションを 警戒していると述べた。

ボールズ氏は「実際の利上げサイクル開始に近づくにつれ、投資家 が予想を見直し、当局はもう2度と利上げしないと考えていた人が負け を認めてタオルを投げ入れる可能性がある」とし、「そうした状況で は、イールドカーブのフロントエンドのリスクプレミアムが高まると考 えられる」と述べた。

原題:Pimco’s Andrew Balls Sees Fed Liftoff Even With Stronger Dollar(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE