英銀HSBC,本拠地について年内に決定する-CEO

英銀HSBCホールディングスは本拠をロン ドンから移すかどうかについて年内に決定すると、スチュアート・ガリ バー最高経営責任者(CEO)が述べた。

移転先としては「強力で信頼される」規制当局があり、税制が公平 で透明、さらに「質の高い」人材が豊富な場所でなければならないと同 CEOが9日、アナリストとの電話会議で述べた。移転する場合には完 了までに2年かかると述べたものの、候補地には言及しなかった。

利益の大きな部分をアジアで稼ぐHSBCは今年、本拠地の見直し に正式に着手した。英国の銀行税の負担増と規制強化が背景にある。銀 行のバランスシートへの課税によるHSBCの昨年の税負担は7億5000 万ポンド(約1420億円)と、世界の銀行の中で最大だった。

銀行が本拠地を英国外に移す公算が懸念される中、英国銀行協会 (BBA)は3日付の書簡で業界の税制見直しを英政府に求めた。

香港金融管理局(HKMA、中央銀行に相当)はHSBCが香港移 転を決めるならば「前向きに対応する」とし、同行の香港との歴史的な つながりの深さにも触れている。

原題:HSBC to Decide on Location of Headquarters This Year, CEO Says(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE