UBS、資産をスイス部門に移管-危機時の分割を容易に

UBSグループは資産と業務を新しいスイス 部門の下に14日に移管する。危機時に銀行の分割を容易にするための新 規則に対応する。

UBSの9日の発表によると、スイスに登記されているリテール、 コーポレート、ウェルスマネジメント事業はUBSスイスの下に置かれ る。移管の日付は先送りされる可能性もあるという。

スイス部門の設立は、再び救済が必要になることを防ぐための法的 構造変換の一環。スイス政府は2008年にUBSを救済したが、その後に 海外で事業展開する大手銀行の部門を法的に切り離すことで破綻の場合 の悪影響を抑えるため規則を整備している。

UBSは昨年持ち株会社を設立。米国事業の大半を傘下に収める中 間持ち株会社の設立も計画している。英国部門についてはリスクとリタ ーンを部門に帰属させる事業モデルに移行しつつある。

原題:UBS Transfers Assets to Swiss Unit to Meet Regulatory Demands(抜粋)

--取材協力:Jeffrey Vögeli.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE