個別銘柄:テレ朝やブリヂスト安い、ガールズ商標DLE急騰

更新日時

9日の日本株市場で、株価変動材料のあった 銘柄の終値は次の通り。

テレビ朝日ホールディングス(9409):前日比4.4%安の2044円。 野村証券は8日、投資判断を「中立」から「ウエート下げ」、目標株価 を2200円から1570円に下げた。4-6月期のスポット広告収入の動向を 踏まえると、今期の会社計画の営業利益150億円の達成は困難との見方 を示した。同証による16年3月期営業利益予想を192億円から142億円、 来期を204億円から153億円に減額。

ブリヂストン(5108):2.6%安の4693.5円。クレディ・スイス証 券は8日、投資判断を「アウトパフォーム」から「中立」に下げた。原 材料スプレッドの縮小で収益成長モメンタムが低下するとみて、2015 年12月期営業利益予想を5750億円から5350億円(会社計画5190億円)、 来期を6160億円から5600億円に減額した。

日産自動車(7201):3.2%安の1272.5円。欧州ビジネス協会が8 日に発表したロシアの5月の新車販売台数(乗用車・小型商用車)は、 前年同月比38%減の12万5801台だった。日産自の14年度のロシア市場占 有率は7.6%

三菱ケミカルホールディングス(4188):1.3%安の744.9円。野村 証券は8日、投資判断「買い」から「中立」に下げた。過去1年間でラ ッセル野村大型株指数(金融除く)を約45%アウトパフォームした結 果、石油化学の収益改善や機能成形の業績拡大などは現株価に織り込ま れたと判断。株主資本利益率(ROE)10%以上への道筋が見えれば、 再び評価可能とした。

JR西日本(9021):1.4%高の7590円。バークレイズ証券は8 日、投資判断を「イコールウエート」から「オーバーウエート」、目標 株価を6900円から8800円に上げた。北陸新幹線と大阪梅田の商業施設ル クアイーレがけん引し、16年3月期営業利益は前期比9.6%増の1532億 円と会社計画の1485億円を上回ると予想。また、今後も業績改善に伴う 増配、株主還元拡充に期待が持てるとした。

学情(2301):7.3%安の1292円。14年11月-15年4月期(上期) の営業利益は前年同期比29%減の3億2000万円だった、と8日に発表。 企業の人材採用ニーズの強さから「就職博」などを中心に売り上げは1 割以上伸びたが、就活シーズンの後ずれで一部の利益計上が後ろ倒しに なった。

トリドール(3397):3.3%高の1550円。岩井コスモ証券は8日、 新規に投資判断を「A(アウトパフォーム)」、目標株価を2100円とし た。主力業態の丸亀製麺は国内のみならず、海外でも人気で、軌道に乗 ってきた海外事業がけん引する新たな成長ステージ入りを想定。16年3 月期営業利益予想を前期比32%増の55億円(会社計画52億5500万円)、 来期は69億円を見込む。

萩原工業(7856):7.5%安の2158円。発行済み株式総数の3.36% に当たる25万株の自社株について公開買い付け(TOB)を行う、と8 日に発表。期間は9日から7月6日まで、TOB価格は過去3カ月間の 終値の単純平均2081円に対し10%ディスカウントした1872円。8日終値 の2332円を大きく下回る買い付け価格が嫌気された。

日本電通(1931):80円(20%)高の475円とストップ高。16年3 月期の連結営業利益計画を7億8000万円から前期比36%増の9億8000万 円に上方修正する、と8日に発表。IBM製品の販売などを行うTMI ソリューションズを子会社化したことに伴う。期末配当を1株10円か ら12円に増額した。

ケーヒン(7251):4.9%安の1929円。モルガン・スタンレー MUFG証券は8日、投資判断を「オーバーウエート」から「イコール ウエート」に下げた。国内四輪、インドネシア二輪の数量弱含み、新製 品切り替え時の納入単価の切り下がりを従来より慎重にみる必要がある とし、16年3月期営業利益予想を255億円から前期比2.6%増の233億 円、17年3月期を280億円から250億円へ減額した。

コメ兵(2780):5.7%高の3795円。8日に公表した5月の全社売 上高は前年同月比19%増の30億8800万円だった。前年は消費税増税後の 反動減があったほか、訪日外国人向けのインバウンド売り上げの好調が 寄与した。

昭和電工(4004):4%安の169円。ジェフリーズ証券は8日付 で、15年12月期営業利益予想を会社計画と同じ400億円から前期比57% 増の330億円、来期を450億円から350億円に減額した。構造変化で2.5イ ンチHDの販売が低迷、今後回復する公算は小さいとみている。

ディー・エル・イー(3686):150円(16%)高の1065円でストッ プ高。日本知財ファンド1号投資事業有限責任組合が保有する「東京ガ ールズコレクション」の商標権を取得した、と8日に発表。取得額は8 億円。今後は国内外でのガールズカルチャー電子商取引(EC)の立ち 上げ、化粧品・食品メーカーとのコラボレーション商品の開発、海外展 開などに取り組む方針。

エスケーエレクトロニクス(6677):5.7%高の1554円。15年9月 期の連結営業利益計画を23億円から34億円に上方修正する、と8日に発 表。収益性の高い製品の割合が想定より高まったほか、設備投資のずれ 込みで減価償却費も減り、前期比では減益率が39%から10%に減る。

ナトコ(4627):12%安の1078円。15年10月期の連結営業利益計画 を15億5000万円から10億円に下方修正する、と8日に発表。スマートフ ォン向け製品や電子材料向けコーティング材の需要低調の持続を想定、 円安による原材料仕入れ価格の上昇も響く。前期比では42%増益が一 転、8.7%減益見通し。

日阪製作所(6247):3.9%高の1168円。野村証券は8日、投資判 断「買い」を継続し、目標株価を1180円から1290円に上げた。利益回復 は想定より遅れるが、受注環境は良好で、16年3月期以降に業績は回復 に向かうと予想。用途の広い熱交換器や生活産業機器の民間設備投資の 活発化で恩恵を受ける、とも指摘し、今期営業利益予想を17億円(会社 計画14億5000万円)、来期23億円とした。

ケンコーコム(3325):3.2%高の990円。8日に公表した5月の売 上高は前年同月比28%増の19億3800万円だった。前年実績を上回るのは 2カ月連続。

新日本空調(1952):2.2%高の1148円。発行済み株式総数 の3.28%に当たる83万株、金額で9億3209万円を上限に自社株買いを行 うと8日に発表。目先の需給好転が好感された。9日午前の東証立会外 取引での取得結果は73万3300株、金額は8億2350万円で、今回の自社株 買いは終了した。

シノケングループ(8909):4.6%高の1835円。15年12月期の連結 営業利益計画を52億円から前期比22%増の58億円に上方修正する、と8 日に発表。アパートやマンション販売などフロービジネスが上期に想定 を上回ったほか、不動産賃貸管理などストックビジネスの順調、建築工 事の進捗(しんちょく)なども踏まえた。

アルトナー(2163):8%高の1429円。2-4月期(第1四半期) の営業利益は前年同期比86%増の1億6400万円だった、と8日に発表。 主要顧客の自動車業界を中心とした開発需要で技術者数、稼働率が伸び た。前期比20%増の4億200万円を見込む16年1月期計画に対する進捗 率は41%。

ストリーム(3071):9.3%安の204円。2-4月期(第1四半期) の連結純利益は前年同期比22%減の9800万円だった、と8日に発表。家 電、パソコンを中心に主力のインターネット通販の売上高が減少、人件 費の増加もあった。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE