米ファンド、第一毛織とサムスン物産の合併阻止へ法的措置

更新日時

資産家ポール・シンガー氏率いる米ヘッジフ ァンド運営会社のエリオット・アソシエーツは、韓国サムスングループ の事実上の持ち株会社である第一毛織によるサムスン物産の吸収合併を 阻止するため法的措置を取ることを明らかにした。創業者の李一族によ る支配力強化の取り組みで新たな障害となる。

9日に電子メールで配布された資料によると、エリオットは吸収合 併差し止めの仮処分を求める手続きに着手する。同社は既に他の投資家 にも合併に反対するよう呼び掛けている。

サムスン物産は他のサムスングループ上場企業の株式を約120億ド ル(約1兆5000億円)相当保有している。

エリオットは発表資料で、吸収合併案について「公平でない上、サ ムスン物産株主の利益を最優先していないことが明白で、違法だ」と主 張。「そのためエリオットは本日、サムスン物産と同社取締役に対する 仮処分を求める法的手続きを開始した」と説明した。

エリオットはサムスン物産の株式7.1%を保有しており、韓国の国 民年金公団とサムスンSDIに次ぐ第3位の株主。

サムスン物産に電子メールでコメントを求めたが返答はない。

原題:Elliott Seeks Injunction to Stop Cheil Acquiring Samsung C&T (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE