「なでしこジャパン」W杯初戦勝利、宮間PK決めてスイスに1-0

更新日時

国際サッカー連盟(FIFA)女子ワールド カップ(カナダ大会)で連覇を狙う日本代表「なでしこジャパン」は8 日(日本時間9日)、難敵のスイスと初戦を戦い、主将でMFの宮間あ やがペナルティーキック(PK)を決めて1-0で勝利した。

FIFA公式サイトによると、加バンクーバーのBCプレース・ス タジアムでの戦いで日本は、MF安藤梢がゴール前で倒されて得たPK を前半29分に宮間が決めた。負傷した安藤は菅沢優衣香と交代。MF沢 穂希も先発したが川村優理と交代した。試合はフジテレビが中継した。

日本は過去の女子W杯全7大会連続出場で前回ドイツ大会の覇者。 スイスは今大会が初出場だった。世界ランキングは日本が4位でスイス は19位。リーグC組で初戦を飾った日本はランク53位のカメルーンと日 本時間の13日、48位のエクアドルと同17日に戦う。決勝は7月6日。

日本の佐々木則夫監督は試合後に「とにかく初戦、勝ち点3を取る ことが目標だった。次につなげたい、次のカメルーン戦に全員一丸とな っていきたい」とフジテレビが中継したインタビューで述べた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE