韓国:MERS死者6人に増加-感染者87人、初の10代患者も

韓国では中東呼吸器症候群(MERS)コロ ナウイルス感染による死者がさらに1人増え、計6人となった。感染が 確認された患者は初の10代1人を含む87人に達した。

保健福祉省が電子メールで配布した資料によれば、中部の大田市の 病院で8日、80歳の男性がMERS感染後に死亡した。この男性は肺炎 にかかっていた。また、疾病管理本部の当局者、チョン・ウンギョン氏 がソウルでの会見で語ったところによれば、16歳男子の感染が確認され たが、容体は安定している。

ミネソタ大学感染症研究政策センターのマイケル・オスターホルム 所長は電話インタビューで、「当然ながら極めて深刻な事態だが、現時 点では病院関連の感染の広がりだ」と指摘。「これら医療機関を訪ねた りしたことがある人にとっては心配だが、大半の人にとっては公衆衛生 上の問題ではないことを明白にする必要がある」と語った。

感染者が最も多く発生したのはソウル南部のサムスンソウル病院と 平沢市にある平沢聖母病院。

チョン氏によると、8日現在、がんの治療を受けている感染者1人 が重体で、他に10人の容体が不安定という。

原題:South Korea Reports Sixth Death From MERS, First Teenage Patient(抜粋)

--取材協力:Rose Kim、Moonyoung Tae、Seyoon Kim、Natasha Khan.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE