NY金:反発、11週ぶり安値から持ち直し-ドル下落で代替需要

8日のニューヨーク金先物相場は反発。11週 間ぶりの安値から持ち直した。ドルの下落を背景に、代替投資の金買い が活発になった。

オプションセラーズ・ドット・コム(フロリダ州タンパ)の創業 者、ジェームズ・コーディアー氏は電話インタビューで、「ドルが弱く なっており、それが金やプラチナなど貴金属を支えているのは確かだ」 と述べた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)COMEX部門の金先物8 月限は前週末比0.5%高の1オンス=1173.60ドルで終了。

プラチナ先物7月限は0.8%高の1101.20ドル。パラジウム先物9月 限は1%安の743.75ドル。銀先物7月限は0.2%下げて15.959ドル。

原題:Gold Rebounds From 11-Week Low as Dollar’s Decline Spurs Demand(抜粋)

--取材協力:Justin Sink.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE