ドイツ:4月の鉱工業生産、前月比0.9%増-景気に勢い

ドイツの4月の鉱工業生産は前月比で増加し た。独経済の成長の勢いが増していることが示された。

独経済省が8日発表した4月の鉱工業生産指数(季節調整済み)は 前月比0.9%上昇。3月は同0.4%低下に改定された。ブルームバーグの エコノミスト調査では、4月は0.6%上昇(予想中央値)と見込まれて いた。前年同月比の実績は1.4%上昇。

オックスフォード・エコノミクスのエコノミスト、ベン・メイ氏は 「基本的に内需と労働市場は引き続き強い。今年は今後時間の経過につ れて新興市場の弱さが輸出減速を通じてドイツ経済に影響を及ぼす可能 性がある」と述べた。

発表によると、4月の製造業生産は前月比0.7%増、投資財は1.5% 増だった。エネルギー生産が1.4%、建設が1.3%それぞれ増加する一 方、消費財は0.9%減少した。

原題:Industrial Output Rose in April as German Economy Gathered Pace(抜粋)

--取材協力:Kristian Siedenburg、Alessandro Speciale.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE