6月8日の海外株式・債券・為替・商品市場

更新日時

欧米市場の株式、債券、為替、商品相場は次 の通り。

◎NY外為:ユーロが3日ぶり反発-欧州債売り再開で利回り上昇

8日のニューヨーク外国為替市場ではユーロが反発。対ドルで3週 間ぶり高値となった。欧州債売りの再開で利回りが上昇しユーロの魅力 が高まったことから、3営業日ぶりに上昇した。

ユーロは主要通貨の大半に対して値上がり。ドイツ債の利回りが上 昇し、米国債との利回り格差が縮小した。ドルは対ユーロで値下がり。 予想を上回る5月の雇用統計に反応した5日の上昇分を失った。

RBSセキュリティーズ(コネティカット州スタンフォード)の為 替ストラテジスト、ブライアン・デンジャーフィールド氏は「ユーロは 下落分の一部を取り戻した」とし、「5日の雇用統計を受けてドルが広 く買われたため、ユーロを売り持ちにしている投資家は利回りの上昇を 手掛かりにポジションを解消しやすい水準にあった可能性がある。ただ ユーロのショートはまだロングより多い」と分析した。

ニューヨーク時間午後5時現在、ユーロはドルに対し前週末 比1.6%高の1ユーロ=1.1291ドル。対円では0.7%上げて1ユーロ =140円57銭。主要10通貨に対するドルの動きを示すブルームバーグ・ ドル・スポット指数は1%下げた。

ドイツ国債

米10年債利回りの独10年債利回りに対する上乗せ幅は1.50ポイント と、2月以降ではほぼ最小。

ドイツ国債の利回りはこの日上昇。同利回りは先週、ユーロ圏での 景気回復の兆しや欧州中央銀行(ECB)のドラギ総裁が市場はボラテ ィリティが高くなった局面に順応する必要があると発言したことなどを 手掛かりに、週ベースでは1998年以降で最大の上昇となった。

一方で、先週利回りが年初来の高水準を付けた米国債相場は値固め の展開となった。

アマハースト・ピアポント・セキュリティーズの為替ストラテジス ト、ロバート・シンチ氏(ニューヨーク在勤)は「きょうは利回り格差 の話が若干聞かれた。米国債利回りがやや下げ、独国債利回りはやや上 昇した」とし、「恐らくショートポジションがやや行き過ぎだったこと も背景にあるだろう」と加えた。

ECBが大規模な量的緩和を継続する一方で米国では利上げが見込 まれている。こうした状況が過去1年間の大半においてドルの支援材料 になっている。

ブルームバーグ相関加重指数によると、ドルは過去1年間に18%上 昇と、先進10カ国の中で最高のパフォーマンス。ユーロは同期間 に4.2%下げた。

ドルの動き

フランスの当局者は8日、記者団に対し、オバマ大統領が強いドル は問題だと発言したと述べた。これに反応してドルは下落した。この当 局者によればオバマ大統領は、主要7カ国(G7)首脳らに対し、ギリ シャなどの地政学的リスクが金融市場のボラティリティ(変動性)を高 め、金利や為替相場に影響していると語った。この文脈で強いドルは問 題だとオバマ大統領が発言したという。

オバマ大統領は記者会見で、「私はそのようなことは言っていな い」と述べ、仏当局者の発言を否定した。

原題:Euro Gains as Renewed Bond Selloff Narrows Yield Gap to U.S.(抜粋)

◎米国株:S&P500種が2カ月ぶり安値-航空株や半導体に売り

8日の米株式市場ではS&P500種株価指数が2カ月ぶりの安値。 航空株や半導体銘柄が売られた。米国の利上げ時期やギリシャ債務協議 の行方に注目が集まっている。

旅客機の輸送能力の伸びに対する懸念から航空株が安い。インテル など半導体株は6営業日連続で下げた。eベイも下落。オンライン決済 サービス部門ペイパルが2015年のフリーキャッシュフロー見通しを下方 修正したことが嫌気された。ウィン・リゾーツも大きく下げ、選択的消 費株を押し下げた。一方、特殊包装材メーカーのシールド・エアは上 昇。ジェフリーズが10億ドルを超える自社株買いの可能性を指摘したこ とが買いを誘った。

S&P500種株価指数は前営業日比0.7%安の2079.28で終了。4月 7日以来の安値となり、100日移動平均を下回った。ダウ工業株30種平 均は82.91ドル(0.5%)下げて17766.55ドルで終えた。

コメルツ銀行のエコノミスト、ピーター・ディクソン氏(ロンドン 在勤)は「投資家は成長の加速を望んでおり、なお利上げ時期を探ろう としているが、少なくとも3カ月先の話だ」と指摘。「株式相場は最近 までかなり堅調に推移してきたため、リスクを少し外し、様子見の動き になっている」と述べた。

今週発表される消費者マインド指数と小売売上高は、ともに景気回 復を示唆すると予想されている。

ギリシャ

ギリシャと債権団の協議にも注目が集まっている。主要7カ国(G 7)首脳はギリシャのチプラス首相に対し、行き詰まりを打開し、経済 的な悪影響が拡大するリスクを回避するよう求めた。

ニューヨーク連銀がまとめた月間調査によると、消費者の1年後の インフレ期待値は5月に上昇した。金融政策当局者らは物価上昇圧力が 高まりつつある兆候を探している。

過去12回の金融引き締めを振り返ると、引き締め開始後の四半期に 株価収益率(PER)は平均7.2%縮小した。米経済が好景気とはまだ いえない状況で米金融当局が利上げを準備する今回のサイクルでは、こ れは懸念すべき新たな問題だ。

アナリストは今年の米企業利益が1.4%増にとどまると予想。米当 局が年内に利上げに動いた場合、引き締めサイクルのスタート地点とし ては1980年以降で最も低い増益率となる。

「調整は不可避」

ナショナル・アライアンス・キャピタル・マーケッツの国際債券責 任者を務めるアンドルー・ブレナー氏は、「引き締め後の6カ月間、株 価が堅調に推移してきたことは知られているが、米金融当局は事実上の ゼロ金利をこれほど長く維持したことはない。株価が調整を迎えるのは 不可避だ」と語った。

S&P500種の10セクターのうち9セクターが下げた。テクノロジ ーや工業株の下げが目立った。一方、通信サービス株は上昇した。前週 末に下げたベライゾン・コミュニケーションズは0.4%高。

原題:U.S. Stocks Fall as Investors Weigh Greek Talks, Timing on Rates(抜粋)

◎米国債:上昇、利回りに投資妙味-バークレイズと野村が買い助言

8日の米国債は上昇。年初来の高水準に上昇した利回りが買い手を 集めた。

投資家は5日発表の雇用統計で示された予想以上の雇用増は米金融 当局による早期の利上げにつながるとの臆測を見直した。ブルームバー グのデータによれば、マネーマーケットのトレーダーの間で9月の初回 利上げを見込む確率は52%。5日は54%だった。バークレイズと野村ホ ールディングスはいずれも米国債利回りは魅力的だと述べた。

ノバスコシア銀行の金利ストラテジスト、ガイ・ヘーゼルマン氏は 「当局は利上げに必要な兆候を十分つかんでいる」と述べた上で、しか し「市場参加者は当局が利上げを遅らせるとまだ考えているのだろう」 と続けた。

先週の雇用統計を手掛かりに10年債は2月2日以来の大幅安を記録 した。経済データを背景に利上げ観測は強まっているが、トレーダーの 間では下げが行き過ぎたともみられている。

ブルームバーグ・ボンド・トレーダーによれば、ニューヨーク時間 午後5時現在、10年債利回りは前営業日比3ベーシスポイント(b p、1 b p=0.01%)低下の2.38%。同年債価格(表面利率2.125%、 償還期限2025年5月)は7/32上げて97 23/32。

次回雇用統計まで様子見

ソシエテ・ジェネラルのトレーダー、ショーン・マーフィー氏(ニ ューヨーク在勤)は「9月に当局が利上げをするかどうか。決定的な材 料となる新たな雇用統計の発表まで数週間は様子見だ」と述べた。

先週の売りを受けて、バークレイズと野村のストラテジストは利回 りが投資妙味を押し上げたとして、10年債の買いを助言した。

今週は米財務省が3年債から30年債まで580億ドル規模の入札を実 施する。

RBSセキュリティーズの米国債ストラテジスト、ジョン・ブリッ グス氏(コネティカット州スタンフォード在勤)は「この利回り水準は 買い手を集めるだろう」と述べ、「利回り水準が今以上に上昇し、入札 も良好であれば投資家も若干の信頼感を得る」と述べ、「個人的にも何 か購入するかもしれない」と続けた。

ニューヨーク連銀のダドリー総裁は5日、労働 市場の改善が一層 進んだ場合、金融当局が年内に利上げを開始する可能 性はなお高いと の認識を示した。ただ、雇用の見通しは不透明感が増し ているとも指 摘した。

原題:Treasuries Rally After Weekly Drop as Barclays, Nomura Say Buy(抜粋)

◎NY金:反発、11週ぶり安値から持ち直し-ドル下落で代替投資

8日のニューヨーク金先物相場は反発。11週間ぶりの安値から持ち 直した。ドルの下落を背景に、代替投資の金買いが活発になった。

オプションセラーズ・ドット・コム(フロリダ州タンパ)の創業 者、ジェームズ・コーディアー氏は電話インタビューで、「ドルが弱く なっており、それが金やプラチナなど貴金属を支えているのは確かだ」 と述べた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)COMEX部門の金先物8 月限は前週末比0.5%高の1オンス=1173.60ドルで終了。

プラチナ先物7月限は0.8%高の1101.20ドル。パラジウム先物9月 限は1%安の743.75ドル。銀先物7月限は0.2%下げて15.959ドル。

原題:Gold Rebounds From 11-Week Low as Dollar’s Decline Spurs Demand(抜粋)

◎NY原油:下落、供給超過が長期化するとの観測で

8日のニューヨーク原油市場ではウェスト・テキサス・インターミ ディエート(WTI)先物が下落。石油輸出国機構(OPEC)が生産 目標を維持し、イランが輸出を拡大する意向であることから、世界的な 供給超過は長引くとの見方が広がっている。

エナジー・アナリティクス・グループのディレクター、トム・フィ ンロン氏(フロリダ州ジュピター在勤)は「供給量を考えれば悲観的に ならざるを得ない」と話す。「世界の原油市場は供給超過だ。しかもそ の供給超過は拡大している」と続けた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のWTI先物7月限は前週 末比99セント(1.67%)安い1バレル=58.14ドルで終了。先週は1週 間で1.9%下げていた。

原題:Crude Falls as Surplus Seen Persisting Amid Potential Iran Boost(抜粋)

◎欧州株:ストックス600、5日続落-独DAX指数は調整局面入り

8日の欧州株式相場は下落し、指標のストックス欧州600指数は今 年最長の5日続落となった。ドイツ指標のDAX指数が4月に付けた高 値から11%安となった。

ストックス600指数は前週末比0.9%安の385.39と、2月以来の安値 で終了した。DAX指数は1.2%下げた。ただ、ドイツ銀行は3.6%上 昇。アンシュー・ジェイン共同最高経営責任者(CEO)の後任に、ジ ョン・クライアン氏を採用した。ユルゲン・フィッチェン共同CEOが 退任する来年5月に単独のCEOとなる。

Bメッツラー・ゼール・ゾーン(フランクフルト)の株式ストラテ ジスト、ヘンドリック・ケーニヒ氏は「相場を押し上げていた全ての材 料がなくなったか織り込まれた」とし、「調整局面を見込んでいた。ド イツ株については延び延びとなっていたのは明らかだ。一段安となる可 能性もある。とりわけギリシャ情勢やユーロの一段高といった外生ショ ックがあった場合はそうだ」と続けた。

ドイツ株ではコンチネンタルとダイムラーの下げが目立った。スト ックス600を構成する業種別指数の中では自動車銘柄指数が最も下げ た。ユーロが3営業日ぶりに上昇したことが響いた。

ギリシャのアテネ総合指数は2.7%下落。西欧市場の主要株価指数 の中で最も下げがきつかった。メルケル独首相はこの日、ギリシャがユ ーロ圏メンバーとしての立場を確実にするためには、早急な行動が求め られると訴えた。

原題:European Stocks Decline as Germany’s DAX Index Enters Correction(抜粋)

◎欧州債:ドイツ国債下げ続く-ECB当局者発言で売り膨らむ

8日の欧州債市場ではドイツ国債が下落。景気回復の勢いが増す 中、10年債利回りは先週の上昇幅が1998年以降で最大となっていた。

欧州中央銀行(ECB)政策委員会メンバーであるノボトニー・オ ーストリア中銀総裁が国債利回りの上昇は「成功を物語るものだ」と発 言したことも、相場を押し下げる要因となった。この日発表されたドイ ツの4月の鉱工業生産が予想を上回る伸びで、同月の輸出の前月比伸び 率が今年最高だったことも売り材料。ギリシャ国債が下げたほか、イタ リア10年債利回りは昨年11月以来の高水準に達する場面もあった。

コメルツ銀行(フランクフルト)のシニア金利ストラテジスト、ミ ヒャエル・ライスター氏は顧客向けリポートで、「ドイツ国債は下落基 調が続きそうだ。好調なマクロ経済データが、ボラティリティからの影 響をさらに強めている」とし、「苦戦するドイツ国債から周辺国債が大 きく恩恵を受ける公算は小さい。リスクテークの余地が限定的なほか、 ギリシャ問題が未解決のためだ」と指摘した。

独経済省が発表した4月の鉱工業生産指数は前月比0.9%上昇。ブ ルームバーグのエコノミスト調査では0.6%上昇が見込まれていた。3 月は同0.4%低下に改定された。

ロンドン時間午後4時35分現在、ドイツ10年債利回りは前週末比5 ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)上昇の0.89%。先週の上昇 幅は36bpと、1998年10月以降最大だった。同国債(表面利 率0.5%、2025年2月償還)価格はこの日、0.435下げ96.375。

イタリア10年債利回りは2.26%で、前週末からほぼ変わらず。一時 は2.30%と、昨年11月20日以来の高水準を付けた。

ギリシャ10年債利回りは28bp上昇し11.50%。3営業日の上昇幅 は79bpとなった。

原題:German Bonds Extend Drop With Nowotny Giving Bears Encouragement(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE