欧州債:ドイツ国債下げ続く-ECB当局者発言で売り膨らむ

8日の欧州債市場ではドイツ国債が下落。景 気回復の勢いが増す中、10年債利回りは先週の上昇幅が1998年以降で最 大となっていた。

欧州中央銀行(ECB)政策委員会メンバーであるノボトニー・オ ーストリア中銀総裁が国債利回りの上昇は「成功を物語るものだ」と発 言したことも、相場を押し下げる要因となった。この日発表されたドイ ツの4月の鉱工業生産が予想を上回る伸びで、同月の輸出の前月比伸び 率が今年最高だったことも売り材料。ギリシャ国債が下げたほか、イタ リア10年債利回りは昨年11月以来の高水準に達する場面もあった。

コメルツ銀行(フランクフルト)のシニア金利ストラテジスト、ミ ヒャエル・ライスター氏は顧客向けリポートで、「ドイツ国債は下落基 調が続きそうだ。好調なマクロ経済データが、ボラティリティからの影 響をさらに強めている」とし、「苦戦するドイツ国債から周辺国債が大 きく恩恵を受ける公算は小さい。リスクテークの余地が限定的なほか、 ギリシャ問題が未解決のためだ」と指摘した。

独経済省が発表した4月の鉱工業生産指数は前月比0.9%上昇。ブ ルームバーグのエコノミスト調査では0.6%上昇が見込まれていた。3 月は同0.4%低下に改定された。

ロンドン時間午後4時35分現在、ドイツ10年債利回りは前週末比5 ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)上昇の0.89%。先週の上昇 幅は36bpと、1998年10月以降最大だった。同国債(表面利 率0.5%、2025年2月償還)価格はこの日、0.435下げ96.375。

イタリア10年債利回りは2.26%で、前週末からほぼ変わらず。一時 は2.30%と、昨年11月20日以来の高水準を付けた。

ギリシャ10年債利回りは28bp上昇し11.50%。3営業日の上昇幅 は79bpとなった。

原題:German Bonds Extend Drop With Nowotny Giving Bears Encouragement(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE