中国株:上海総合指数、7年ぶり高値-小型株の指数は下落

更新日時

8日の中国株式市場では、上海総合指数が約 7年ぶりの高値に上昇。5月の中国輸出が減少する一方で、株価指数を 提供する米MSCIが中国本土株を指数に組み入れるとの観測が広が り、上げ下げを繰り返す展開となった。一方、小型株から成る創業板 (チャイネクスト)指数は下落した。

交通銀行(601328 CH)は約6年ぶりの高値を付け、金融株の値上 がりをけん引。鉄道車両メーカー、中国中車(601766 CH)は上海市場 で10%の値幅制限いっぱい上昇。同社は中国南車(CSR)と中国北車 (チャイナCNR)の合併で誕生し、この日が株式の初取引となった。 コンピューターシステムの深圳市銀之杰科技(300085 CH)を中心に小 型株が下落し、創業板指数は4.7%安。

上海総合指数は前週末比2.2%高の5131.88で終了。終値ベース で2008年1月以来の高値となった。先週は8.9%上昇していた。 CSI300指数は前週末比2.3%高。

IGアジアの市場ストラテジスト、バーナード・アー氏(シンガポ ール在勤)は、人民元建ての「A株がMSCIの新興市場指数に採用さ れるかどうか、それによって中国株に大きな動きが生じるかどうかに市 場は注目している」と述べた。

香港市場ではハンセン中国企業株(H株)指数が前週末比1.4% 高、ハンセン指数は同0.2%高でそれぞれ引けた。

原題:China’s Stocks Jump to Highest in Seven Years; Small-Caps Tumble、Hong Kong Stocks Rise on Banks, CRRC; China Mengniu Tumbles(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE