GEが米事業売却でアレスと交渉、加年金と合意近い-関係者

更新日時

米ゼネラル・エレクトリック(GE)は米プ ライベートエクイティ(PE、未公開株)融資事業の約半分を売却する ことでアレス・マネジメントと交渉を行っている。アレスはGEが米 PE融資事業の全体をカナダの年金運用最大手、カナダ年金制度投資委 員会(CPPIB)に売却することは受け入れなかった。事情に詳しい 関係者が明らかにした。

同関係者が匿名を条件に語ったところによると、アレスはGEと共 同で運営する80億ドル(約1兆円)規模のシニア・セキュアード・ロー ン・プログラムの買収を目指している。向こう数週間以内に合意に達し ない場合、同ビジネスは新規ローンの設定を中止する可能性がある。

GEは同事業で残る100億ドルの資産をCPPIBに売却すること では合意に近づいている。CPPIBはGEアンタレス部門を中心とす る資産について約120億ドルを支払うという。合意は8日にも発表され る可能性がある。

CPPIBと合意すれば、GEが4月10日にGEキャピタルの 約2000億ドルの資産の整理計画を発表して以来、初めての主要事業売却 となる。

GEとCPPIB、アレスの広報担当はいずれもコメントを控えて いる。

原題:GE, Ares Said to Discuss $8 Billion Assets as Canada Deal Nears(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE