トルコ総選挙:与党が過半数割れ-エルドアン大統領に打撃

更新日時

7日投開票のトルコ国会(一院制、定 数550)の総選挙で、エルドアン大統領率いる与党・公正発展党 (AKP)は過半数を獲得できなかった。同大統領には打撃となり、10 年余り続いた同国の政治的安定が脅かされる恐れがある。

国営アナドル通信が公表した暫定結果によると、99%開票時点で AKPは258議席とみられ、単独政権に必要な議席数を18下回ってい る。AKPは2002年以来、単独政権を維持してきた。

今回の結果を受け、脆弱(ぜいじゃく)な少数与党の誕生や数週間 にわたる連立協議、行き詰まりの解消に向けた再選挙といった可能性が 浮上。政府の汚職や独裁的傾向は国内で批判を浴びているものの、エル ドアン氏とAKPの下で安定と経済成長の恩恵を総じて享受してきた投 資家はこうした可能性を歓迎しないかもしれない。通貨リラは8日の早 い段階で、ドルに対して最安値を付けた。

テネオ・インテリジェンス(ロンドン)のマネジングディレクタ ー、ウォルファンゴ・ピコリ氏は電子メールで、トルコは「経済政策を めぐる不透明感や政治的不安定の高まり」に見舞われることになりそう だと指摘した。

AKPの過半数割れが確実となったことで、大統領職の権限強化を 目指していたエルドアン氏の計画が行き詰まる可能性がある。同氏は10 年余り首相を務めた後、昨年大統領に就任した。

最大野党の共和人民党(CHP)は25%の票を獲得。クルド系政党 の国民民主主義党(HDP)は議席獲得のラインとなる得票率10%を初 めて上回った。

原題:Turkey’s AK Party Loses Parliament Majority in Blow for Erdogan(抜粋)

--取材協力:Ali Berat Meric、Constantine Courcoulas、Tugce Ozsoy、Isobel Finkel.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE