韓国:MERS死者5人に-サムスンソウル病院でも感染確認

韓国当局は7日、中東呼吸器症候群( MERS)コロナウイルス感染が確認されたか、感染者が訪れた計24の 病院名を公表した。

保健福祉省によると、7日午前時点で新たに14人の感染が確認さ れ、感染者の数は64人となった。死者は1人増えて計5人。崔炅煥経済 副首相兼企画財政相は同日のソウルでの記者会見で、MERS感染がコ ントロール可能であり、地元コミュニティーには広がっていないと指摘 した。

これまでに1800人余りが隔離対象者となり、1300校で休校措置が取 られている。

保健福祉省の7日の発表によれば、64人の感染者のうち36人は最初 の患者が報告された平沢市の平沢聖母病院で感染した。ソウルにあるサ ムスンソウル病院でも17人の感染が確認された。5日には症状の改善し た患者1人が退院したという。

サムスンソウル病院にはサムスン電子の李健熙会長(73)が昨年5 月から入院している。聯合ニュースが7日伝えたところによれば、サム スングループは同会長を同病院から移す予定はないという。同会長は急 性心筋梗塞を起こして同病院で治療を受けている。

原題:South Korea Names Affected Hospitals as MERS Deaths Rise to Five(抜粋)

--取材協力:Sam Kim.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE