ギリシャから「頭脳」も流出、これじゃ借金返せない

ギリシャからは資本が記録的なペ ースで流出しているが、流出しているものはそれだけではない。人的資 本、つまり頭脳も流出している。

優れた人材が機会を求めて国を出ていくこの現象は、経済に大きな 打撃となる。最良の労働者を失えば税収は減る。技術がある専門職は所 得が高いので当然、税金も多く支払う。また、優秀な人材がいなければ 起業の確率も減ってしまう。そして国民の自信も失われる。

外国に移住する人の数の推移を見れば、ギリシャ人がものすごいペ ースで国を出て行っていることが分かる。欧州連合(EU)統計局のデ ータによると、国内で教育を受け資格を取った専門職で2009-14年の間 に国外での永続的な職を求めたギリシャ人は2万281人。2000年代の前 半は2552人にすぎなかった。このデータではドイツからの移住者も多い が、人口が全く違うので比較にならないし、同国に移住してくる人も同 じくらい多い。

デフォルト(債務不履行)の可能性がささやかれる中で国際通貨基 金(IMF)への支払いを遅らせたことは信頼を高めるはずもないが、 ギリシャは人材をこれ以上失うわけにはいかない。

しかし、ギリシャの優秀な若者が出ていきたがるのを誰が責められ るだろう。なにしろ若年層の失業率は、リビアのような崩壊も同然の国 よりも高いのだから。

原題:Greece Hemorrhaging Its Best Minds Faces Tough Path to Repay IMF(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE