中国株:上海総合、7年ぶりに5000突破-資源・工業株が高い

更新日時

5日の中国株式市場では、上海総合指数が7 年ぶりに5000台に上昇した。指数が世界をしのぐ勢いで値上がりする中 で、新たな節目となった。

上海総合指数は前日比1.5%高の5023.10で終了。資源株と工業株を 中心に買われた。週間ベースでは8.9%上昇と、昨年12月以来の大幅な 上げとなった。同指数の100日ボラティリティ(変動性)が5年余りで 最大となるなど、相場変動が拡大している。

精熙投資管理の王征最高投資責任者(CIO、上海在勤)は「ボラ ティリティは恐らく高まるだろう」と指摘。「指数が上昇すればするほ ど、短期の利益を確定する投資家が増えることが見込まれる」と述べ た。

CSI300指数は前日比1%高。資源や工業など、同指数を構成す る10業種中8業種が上昇した。

アルミ生産で中国最大手、中国アルミニウム(チャルコ、601600 CH)は4.1%高。資産規模で中国最大の建設会社の中国中鉄(601390 CH)と中国鉄建(601186 CH)は共に値幅制限いっぱいの10%高。

香港市場ではハンセン中国企業株(H株)指数が前日比1.5%下 げ、ハンセン指数は同1.1%安。

原題:Shanghai Composite Index Tops 5,000 for First Time Since 2008(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE