ゴールドマン最大3700億円支払い住宅証券で合意近い-関係者

米銀ゴールドマン・サックス・グループは、 金融危機が深刻化する以前に販売したモーゲージ債をめぐる調査を決着 させるため、20億-30億ドル(約2490億-3730億円)の支払いに応じる 合意を目指して米当局と交渉している。事情を直接知る関係者の1人が 明らかにした。

非公開情報であることを理由に関係者が匿名を条件に語ったところ では、ゴールドマンは米司法省との間で数週間以内に合意に達する可能 性がある。

住宅ローン担保証券(RMBS)の組成・販売をめぐっては、米モ ルガン・スタンレーが米司法省の調査を決着させるため、26億ドルの支 払いに応じると2月に発表。JPモルガン・チェースとバンク・オブ・ アメリカ(BOA)、シティグループも現金および消費者救済を通じて 総額350億ドルを上回る支払いに応じている。

司法省のパトリック・ローデンブッシュ報道官とゴールドマンの広 報担当ティファニー・ガルビン氏(ニューヨーク在勤)は、いずれも米 当局との協議に関するコメントを控えている。

米紙ウォールストリート・ジャーナル(WSJ、オンライン版)は 4日、米司法省と州当局がモーゲージをめぐる調査の決着に向けて、欧 米9行と新たな合意を準備しており、ゴールドマン・サックスのほか、 モルガン・スタンレーとウェルズ・ファーゴ、英銀バークレイズ、ロイ ヤル・バンク・オブ・スコットランド・グループ(RBS)、HSBC ホールディングス、スイスのUBSグループ、クレディ・スイス・グル ープ、ドイツ銀行が含まれる可能性が高いと先に報じた。

同紙は、銀行ごとの支払額が数億ドルから数十億ドルの範囲になる 見通しだとしている。

原題:Goldman Said to Near U.S. Settlement Exceeding $2 Billion (1)(抜粋) DOJ Said to Ready New Mortgage Settlements With 9 Banks: WSJ (抜粋)

--取材協力:Michael J. Moore.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE