ドイツ債が週間ベースで下落、利回り上昇幅は1998年以降最大

更新日時

5日の欧州債市場ではドイツ国債が前日から ほぼ変わらずとなったものの、週ベースでは1998年以降で最悪の1週間 となった。

2カ月足らず前には、ドイツ10年債利回りは欧州中央銀行 (ECB)の国債購入を手掛かりにマイナス圏に入る寸前だった。それ が今週はインフレ上昇の初期兆候とドラギECB総裁のボラティリティ 容認発言を受けて売りが膨らみ、利回りは大幅上昇。この日発表された 5月の米雇用統計で雇用者数の伸びが過去5カ月で最大となったことも あり、利回りは高止まりした。

ウニクレディト(ミラノ)のシニア債券ストラテジスト、ルカ・カ ツラーニ氏は利回り「上昇の勢いは極めて強い」とし、「インフレ率が 予想を上回ったほか、ECBは一段とハト派的になるとの見方があった ものの、ドラギ総裁はより中立的でボラティリティに順応すべきだと発 言した。ただ、利回りの上昇の仕方について語る際には、数カ月にわた って低下していたことを忘れるべきではない」と語った。

ロンドン時間午後5時現在、ドイツ10年債利回りは前日比ほぼ横ば いの0.84%。前日は昨年9月以来の高水準となる0.996%に達した。4 月には0.049%まで下げていた。今週の利回り上昇幅は36bpで、これ は1998年10月以降の最大。同国債(表面利率0.5%、2025年2月償還) 価格は96.81。5月29日は100.12だった。

原題:German Government Bonds Have Worst Weekly Performance Since 1998(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE