NY外為(5日):ドル125円後半、13年ぶり高値-雇用堅調で

更新日時

5日のニューヨーク外国為替市場ではドルが 対円で13年ぶりの高値に上昇した。米雇用者の伸びが市場予想を上回っ たことから、年内利上げが正当化されるとの見方が強まった。

ドルは大半の主要通貨に対して値上がりした。5月の米雇用統計で 非農業部門雇用者数は市場予想を上回り、賃金の伸びは加速した。ニュ ーヨーク連銀のダドリー総裁はミネアポリスで講演し、労働市場の改善 が一層進んだ場合、金融当局は年内に利上げを開始する可能性が高いと の認識を示した。金利先物動向に関するブルームバーグのデータによれ ば、9月の会合までに利上げが実施される確率は50%超と市場はみてい る。

ゲイン・キャピタル・ホールディングス傘下フォレックス・ドッ ト・コムのアナリスト、マット・ウェラー氏は電話取材で、「ドル君臨 のトレードが続いている」と指摘。「米利上げ時期という意味では9月 に照準が定まる。ドルに関してまだ楽観的だ」と述べた。

ニューヨーク時間午後5時現在、ドルは対円で前日比1%高の1ド ル=125円63銭。一時は2002年6月以来の高値に達した。ドルは対ユー ロで1.1%高の1ユーロ=1.1114ドル。週間ベースでは1.2%安。

主要10通貨に対するドルの動きを示すブルームバーグ・ドル・スポ ット指数は前日比0.8%上昇し1192.75。

雇用統計

5月の非農業部門雇用者数(事業所調査、季節調整済み)は前月 比28万人増。伸びは過去5カ月で最大となった。家計調査に基づく失業 率は5.5%に上昇した。

5月の平均時給は前月比0.3%増。前年比では2.3%増となった。

雇用統計発表後に米国債利回りは上昇し、10年債利回りは昨年10月 以来の高水準をつけた。ブルームバーグがまとめたデータによれば、米 利回りは主要7カ国(G7)の平均値をほぼ1ポイント上回る。

ニューヨーク連銀のダドリー総裁は「労働市場の改善が続き、イン フレ期待が今後もしっかり抑えられた場合は、成長見通しをめぐり暗雲 が垂れ込めない限り、金融政策正常化の年内開始決定を支持するだろ う」と述べた。

ECB

ドルは週間ベースでは下落した。欧州中央銀行(ECB)のドラギ 総裁の発言を受けてドイツ国債利回りが急上昇した。総裁は域内のイン フレ率が上昇し始めるとの見通しを示した。

オアンダ(カナダ・トロント)のシニア通貨アナリスト、アルフォ ンソ・エスパルザ氏は電話インタビューで、「米国が利上げを開始すれ ば」、その他の国や地域が金融緩和を続ける中、ドルは上昇すると指 摘。ドルは「全面高となるだろう」と述べた。

フェデラルファンド(FF)金利先物動向を基にしたブルームバー グの算出によると、連邦公開市場委員会(FOMC)が9月に利上げを 実施する確率は53%。雇用統計発表前は46%だった。

原題:Dollar Surges to 13-Year High Versus Yen as Jobs May Spur Fed(抜粋)

--取材協力:Rachel Evans、Liz Capo McCormick、Andrea Wong、Ari Altstedter.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE