ドイツ銀が資金洗浄の疑い内部調査、ロシア顧客取引-関係者

ドイツ銀行はロシアの顧客によるマネーロン ダリング(資金洗浄)の疑いで内部調査を実施している。4年余りで 約60億ドル(約7540億円)の取引が絡んだ可能性があると、事情に詳し い関係者が明らかにした。

関係者の1人が匿名を条件に述べたところによると、ドイツ銀はロ シアの一部顧客が行った株取引について調査するようロシア銀行(中央 銀行)から昨年10月に打診された。関係者らによれば、ドイツ銀は2011 年から15年初めごろにかけてのデータを分析している。また、英金融行 動監視機構(FCA)と欧州中央銀行(ECB)、ドイツ連邦金融監督 庁(BaFin)に調査について報告したという。

原題:Deutsche Bank Said to Probe $6 Billion of Russia Trades (1)(抜粋)

--取材協力:Evgenia Pismennaya、Jeff Black.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE