仏アンリ選手のハンドめぐりFIFAがアイルランドに支払い

国際サッカー連盟(FIFA)は4日、2010 年ワールドカップ(W杯)南アフリカ大会欧州予選での審判の判断をめ ぐる法的措置を回避するため、スタジアム建設支援でアイルランドのサ ッカー協会に500万ドル(現行レートで約6億2000万円)を支払ってい たことを認めた。

アイルランドは09年11月19日のW杯出場が懸かったフランスとのプ レーオフで、フランスのティエリ・アンリ選手がアシストする前に手で ボールに2回触ったと主張。同選手のアシスト後にゴールが決まり、フ ランスがW杯出場を決めた。

FIFAはアイルランド協会と10年1月に結んだ合意に基づき融 資500万ドルを同協会に提供したと説明。アイルランドが14年W杯の出 場資格を得れば融資を返済する取り決めだったが、アイルランドが再び 出場を逃したため、FIFAは返済を免除したという。

アイルランド協会の最高責任者ジョン・ディレーニー氏はアイルラ ンドの公共放送RTEとのインタビューで、「アンリ選手のハンドでW 杯が台無しになり、FIFAに法的措置を講じるつもりだった」と述べ た上で、FIFAと取り決めを結んだことを明らかにした。

同氏は補償の問題についてゼップ・ブラッターFIFA会長に直接 持ちかけたとも語った。同会長は今年5月の会長選挙で5回目の当選を 果たしたが、今月2日に辞任を表明。米司法省が汚職捜査の一環として FIFA関係者を起訴したことで、FIFAはスキャンダルに揺れてい る。

FIFAは「審判の判断は最終的なものであり、アイルランド協会 は最終的にこれを受け入れた。10年1月、FIFAに対するあらゆる申 し立てを終わらせるため、FIFAはアイルランド協会と合意を結ん だ」としている。FIFAの声明によれば、欧州サッカー連盟 (UEFA)もアイルランド協会にスタジアム建設のために資金を提供 した。

原題:FIFA Paid Irish Soccer $5 Million Not to Contest Henry Handball(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE