きょうの国内市況(6月5日):株式、債券、為替市場

国内市況の指標はここをクリックしてご覧 下さい。

●株は反落、海外金利警戒や重要イベントの結果待ち-金融中心売り

(記事全文はこちらをクリックしてご覧下さい)

東京株式相場は反落。海外長期金利の上昇に対する警戒やギリシャ 情勢の不透明感、国際通貨基金(IMF)による米国経済成長予測の引 き下げも嫌気され、保険や銀行など金融株中心に売られた。商品市況の 下落を受け商社や石油株も安く、電機など輸出関連株も軟調。

TOPIXの終値は前日比6.83ポイント(0.4%)安の1667.06、日 経平均株価は27円29銭(0.1%)安の2万460円90銭。

明治安田アセットマネジメントの小泉治執行役員は、「日本株は水 準的に割安とは言い難いところにきている」とし、日本時間今夜に発表 される米雇用統計では「年内利上げを補強するような強めの数字が出る のではないかとの警戒があり、いったん利益を確定しようとの動きがあ る」と話していた。

東証1部33業種は保険、その他金融、銀行、石油・石炭製品、卸 売、海運、証券・商品先物取引、鉄鋼など27業種が下落。石油・石炭製 品や商社など資源関連は、OPEC総会で生産目標が維持されるとの見 方から、4日のニューヨーク原油先物が2.8%安と続落したことや金属 市況の下落を受けた。陸運や空運、食料品など6業種は上昇。

売買代金上位では、三菱UFJフィナンシャル・グループやみずほ フィナンシャルグループ、オリックス、楽天、第一生命保険が下げ、投 資判断の引き下げが相次いだ電通も安い。JR東日本やオリエンタルラ ンド、ANAホールディングス、カシオ計算機、JR西日本は高い。東 証1部の売買高は23億3232万株、売買代金は2兆4544億円。上昇銘柄数 は773、下落は954。

●債券上昇、独米長期金利の低下受け買い先行-高利回りで需要喚起

(記事全文はこちらをクリックしてご覧下さい)

債券相場は上昇。ドイツと米国の長期金利が低下して引けたことを 受けて、買いが優勢の展開となった。前日の相場で長期債利回りが年初 来の高水準に達したことも需要を喚起した。

5日の長期国債先物市場で中心限月6月物は前日比18銭高の147 円11銭で取引を開始。前日の海外債券市場動向を受けて高く引けた夜間 取引の流れを引き継いだ。午後に一時147円18銭と2営業日ぶりの高値 を付ける場面もあった。結局は8銭高の147円01銭で引けた。

現物債相場も買いが先行した。長期金利の指標となる新発10年物国 債の339回債利回りは、日本相互証券が公表した前日午後3時時点の参 照値を1.5ベーシスポイント(bp)下回る0.475%で取引を開始した後、し ばらく同水準で推移。午後の取引終盤にかけては売りに押され0.485% に水準を少し引き上げる場面もあったが、参照値の0.49%を下回っての 展開に終始した。前日に入札された30年物の47回債利回りは1.5bp低 い1.505%まで買われたものの、1.525%に水準を上げた。

野村証券の松沢中チーフストラテジストは、「国内債は欧州債急落 『第三波』を恐れながらのトレード」と指摘。「今週は予想よりも早い 『第二波』により、日本国債の金利レンジも修正を迫られたが、短期的 な相場パターンは従来描いたように月後半に向けて金利低下余地を試す のではないか」と言う。

日本銀行は午前の金融調節で、総額1兆1550億円の長期国債買い入 れオペ4本を実施。応札倍率は残存期間1年超3年以下、3年超5年以 下、10年超25年以下で前回に比べて低下した半面、25年超は上昇した。

●ドル・円は124円台半ば、米雇用統計や独金利の動向を見極めへ

(記事全文はこちらをクリックしてご覧下さい)

東京外国為替市場では、ドル・円相場が1ドル=124円台半ばで小 高く推移。海外時間に発表される米雇用統計や不安定な動きが続く独金 利の動向などを見極めようとの姿勢から、小幅な値動きとなった。

5日午後3時15分現在のドル・円相場は124円50銭前後。早朝に付 けた124円36銭から124円57銭まで強んだ後はもみ合う展開となった。

三菱UFJモルガン・スタンレー証券の植野大作チーフ為替ストラ テジストは、米雇用統計は前月並みの無難な予想で、「市場は割とスク エアなスタンスで発表を待っている」と指摘。非農業部門雇用者数の伸 びが「30万人を超えるような数字が出てくれば超ポジティブサプライズ になって今晩中に今週付けた高値を抜けて来週にかけて126円トライも という雰囲気が出てくる」とみる一方、10万人台前半のような増加にと どまれば、「ここもとの上げ方が急だっただけに反動も強く出て、123 円台や122円台まで押し戻される可能性は十分ある」と語る。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE