米イントレピッド、複数航空会社から選定中と表明-スカイマク支援で

航空機リースの米イントレピッド・アビエー ションは、経営破綻したスカイマークの大口債権者としてまとめた再生 計画案に関連して、現在スポンサーになる航空会社を複数の候補から選 定していることを明らかにした。

チーフ・インベストメント・オフィサー、ブライアン・ライノット 氏の名前で5日に出された声明は、スポンサーについて、日本に拠点を 持ち、事業の実績がある航空会社になるとしている。決定次第、東京地 方裁判所に5月29日に提出した再生計画案を修正する予定だという。

また、スカイマークが、投資ファンドのインテグラルやANAホー ルディングスと提出している再生案については「大口債権者からの同意 を得られないと考え」ているとして、そのための代替案を提出したと説 明している。

スカイマークの大口債権者は、イントレビッドのほか、欧州エアバ ス、米CITグループ、英ロールス・ロイス、米GEキャピタル・アビ エーションなどが名を連ねている。

5日付の日本経済新聞朝刊は、イントレピッドが米デルタ航空など 複数の航空会社に対し連携を要請していると報じた。情報源はイントレ ピッドの幹部だとしている。デルタ航空の岡田弘子アジア・太平洋地域 広報部長は電話取材にコメントを控えた。

ANAHDの片野坂真哉社長は1日に都内での会見で、イントレピ ッドの提案については詳細は承知していないとした上で、スカイマーク 再生では、自社計画案が「最善と確信している」と述べた。今後、裁判 所が2案のうちどちらを債権者集会での決議にかけるか、もしくは両案 ともに決議にかけるかを判断する。この中で、イントレピッドの選定す る航空会社が計画案の実現性に大きな影響を与えることになる。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE