グロース氏:債券売りは恐ろしいほどだが弱気相場ではない

米国債の値下がりには債券王ビル・グロース 氏でさえ驚いている。

ブルームバーグ世界債券指数によれば、年限が10年以上の米国債の 価格は3月末以降で7.4%下落した。米国債だけではなく、ドイツ国債 などを含め世界的に債券が売り込まれた。トレーダーらは流動性不足が 下げを加速させたと指摘している。

グロース氏はブルームバーグとの4日のインタビューで、「極めて 大きな流動性の問題があり、日々、あるいは分単位での乱高下を認識し ており、恐ろしいほどだ。だが弱気相場と呼べるほどの売りではないと 思う」と述べた。

同氏は現在、「ジャナス・グローバル・アンコンストレインド・ボ ンド・ファンド」の運用を担当し、米パシフィック・インベストメン ト・マネジメ ント(PIMCO)の共同創業者として「PIMCOト ータル・リターン・ファンド」を運用していた。

原題:Gross Says Bond Slide Scary as Hell Even Without a Bear Market(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE