世界の乳製品価格、5年ぶり安値に下落-生乳生産が過去最高

ニュージーランドと欧州からの生乳供給が潤 沢であるため、世界の乳製品価格が5年ぶりの安値まで下落している。

国連の乳製品価格指標によれば、生産が増加する一方、中国の需要 が鈍化したため乳製品価格は2014年2月に付けた過去最高値から約40% 下落している。米農務省によると、世界の牛乳やチーズ、バターの生産 は今年、過去最高に達する見通しだ。

欧州で4月に生乳の生産制限が撤廃され生産が増えたことに加え、 世界最大の粉乳輸出国であるニュージーランドからの供給は、天候が乾 燥しているにもかかわらず予想を上回っている。世界の指標となるニュ ージーランドでの入札「グローバルデアリートレード」の平均価格は2 日、1トン=2412ドルと、09年8月以来の安値まで下げた。

FCストーン(ダブリン)の乳製品アナリスト、ジョン・ランカス ター氏は4日の電話インタビューで「供給は比較的堅調だ。生産割当制 度が撤廃され畜産業者への制約がなくなった」と指摘した。

原題:Global Dairy Costs Drop to 5-Year Low on Record Milk Production(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE