米AIG、エアキャップ株の売却で約4600億円調達

米保険会社アメリカン・インターナショナ ル・グループ(AIG)は、オランダの航空機リース会社エアキャッ プ・ホールディングスの株式を当初計画より多い37億ドル(約4600億 円)相当売却した。自社株買い戻し資金が増えることになる。

3日のAIGの発表文によると、内訳は約7120万株が公募。1570万 株はエアキャップに売却した。今回の売却でAIGのエアキャップ株保 有比率は46%から5%に縮小する。同社は当初、5000万株を公募で売却 する見通しを示していた。

AIGのピーター・ハンコック最高経営責任者(CEO)は4月 に35億ドル相当の自社株買い計画を発表。同社は政府からの救済資金を 返済するため750億ドル強の資産を売却した後、海外の損害保険事業や 米国内の生命保険、年金商品に経営資源を集中させている。

サンドラー・オニール・アンド・パートナーズのアナリスト、ポー ル・ニューサム氏は3日の発表前にインタビューで今回の株売却につい て、「AIGが資本の積み上げと非中核資産の処分、株主還元を進める 上で重要な節目だ」と述べ、「調達資金の大部分は自社株買いの原資に なると思う」と予想した。

原題:AIG Sells $3.7 Billion in AerCap Stock as CEO Builds Capital (2)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE