ディッシュがTモバイルUS買収交渉、大きく進展せず-関係者

更新日時

米衛星テレビ会社ディッシュ・ネットワーク は携帯電話サービス会社TモバイルUSの買収に向けて交渉を継続して いるが、大きく進展していない。事情に詳しい関係者が明らかにした。

関係者によると、ディッシュのチャーリー・アーゲン最高経営責任 者(CEO)はTモバイルの親会社のドイツテレコムと合意に向けて何 年か話をしており、昨年9月に協議が再開された。ただ、同関係者によ ると、交渉はそれ以来大幅な進展はない。

関係者の1人によれば、双方は価格の予想で依然かけ離れており、 合意に達しない可能性がある。Tモバイルに関心があると述べてきたア ーゲンCEOは2月に、同社を「われわれが高く評価する会社」と表現 していた。Tモバイルの時価総額は約320億ドル(約4兆円)。

Tモバイル買収が実現すれば、アーゲンCEOは携帯電話用動画を 配信する全米規模の無線網を取得できる。一方、かつてAT&T、スプ リントへのTモバイル売却を試みたドイツテレコムにとっては、ディッ シュは規制当局から反対を受ける可能性の低い買い手となる。

ディッシュとTモバイル、ドイツテレコムはコメントを控えた。T モバイルとディッシュが合併新会社の体制に関して合意したと米紙ウォ ールストリート・ジャーナルが報じたことから、4日の米株式市場で両 社の株価は上昇した。

原題:Dish Is Said to Continue Slow-Moving Talks to Acquire T-Mobile(抜粋)

--取材協力:Amy Thomson、Scott Moritz.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE