銀行のように規制するのはやめてくれ-金融安定理事会に要望

ブラックロックやバンガード・グループなど 世界最大級の投資運用会社がカーニー金融安定理事会(FSB)議長に 対し、銀行のように規制しようとするのをやめてほしいとメッセージを 発した。

資産運用各社は、2008年の金融危機を受けシステム全体にとって重 要な金融機関と見なされた銀行や保険会社のように扱われたくないと考 えている。FSBに「大き過ぎてつぶせない」と判断されれば、 HSBCホールディングスやJPモルガン・チェースなどの銀行向けの 高水準の資本・レバレッジ要件が求められ、流動性規制も厳しくなる。

運用会社側が異議を唱えたのは、銀行業界を対象としたリストと同 じように投資ファンドや資産運用会社からシステム上重要な事業体を選 ぶという提案だ。銀行と同じやり方で自社のバランスシートにリスクを 引き受けているわけではなく、同様の流動性のショックには直面しない と運用各社は主張している。

資本市場の買い手と売り手を代表する国際資本市場協会( ICMA)は、FSBが証券監督者国際機構(IOSCO)と共同でま とめた同提案について、「もともと銀行業界のために設計された枠組み を投資ファンド業界に適用することで生じる問題を抱えている」と指摘 した。

IOSCOのライト事務局長は4月23日のインタビューで、当局の 焦点は銀行から資産運用会社に移りつつあると述べた上で、「銀行シス テムから巨額の資金が資本市場に流入しており」、当局が市場と運用機 関はシステム上のストレスがかかった環境でも健全であることを確認し たいと考えているためだと説明した。

原題:We’re Not Lehman 2.0, Global Fund Managers Tell Carney’s FSB (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE