中国の経済なんて気にしない-株はこれだけ上がっている

ショーン・テーラー氏は急激に上昇する中国 株を眺め、株式市場と経済のファンダメンタルズ(基礎的諸条件)との 関係が自身の20年のキャリアで今最も薄れていると感じている。

同氏の投資家への助言は「買い続けなさい」だ。

ドイチェ・アセット&ウェルス・マネジメントの新興市場担当責任 者であるテーラー氏(ロンドン在勤)は、中国で今最も重要なのは政策 当局が株式相場の上昇を維持させるモチベーションとそのための手段を 持っていることだと指摘する。同社の新興国株式ファンドは今年これま でのところ、ブルームバーグが継続調査する同種ファンドの9割強をし のぐパフォーマンスを示している。

株価が上昇すれば、中国企業が新株発行を通じて債務残高を減らせ るだけでなく、政府も歳入を拡大させられるほか、保有株を売却して民 営化を推進しやすくなる。

テーラー氏は香港でのインタビューで、「中国政府は企業の民営化 と新規株式公開(IPO)を増やすために力強い株式相場を望んでい る」と述べた。

上海総合指数はこの1年で141%上昇と、世界の主要株価指数で最 も大幅な値上がりを記録した。以下の6つのチャートは中国の株価と経 済の相関欠如を示す。

1.上海総合指数

同指数は先週、7年ぶりの高値を付けた。これに対し、中国の月次 国内総生産(GDP)に関するブルームバーグの指標は2009年以来の低 水準近辺で推移している。

2.金融株

CSI300指数の業種別指数である金融株の指数(銀行と不動産、 証券株で構成)は先週、08年1月以来の高値に達した。4月のマネーサ プライM2は前年同月比10.1%増と、過去最低の伸びにとどまった。

3.商品関連銘柄

CSI300指数の素材株指数は5月まで月間ベースで1年1カ月連 続の値上がりと、過去最長の上昇局面。1-4月の都市部固定資産投資 は約15年ぶりの低い伸びだった。

4.小売り株

CSI300指数の一般消費財の指数は今年に入って75%上昇し、過 去最高値を付けたが、4月の小売売上高は前年同月比10%増と、06年以 降で最も伸びが鈍った。

5.追加刺激策の余地

中国人民銀行(中央銀行)は今年に入って市中銀行に適用する預金 準備率を20%から18.5%へと引き下げた。2000年初め以降の平均 は12.6%だ。

6.株式発行

中国の金融以外の企業は、1-4月に差し引き2304億元(約4 兆6000億円)の資金を調達した。これは年初からの4カ月分として過去 最大規模。社債発行(ネットベース)は計5438億元で、1-4月期とし て12年以降で最低。

原題:Who Cares About China’s Economy When Stocks Are Rising This Much(抜粋)

--取材協力:Sandy Hendry.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE